昨年の12月頃です。

どういういきさつだったか忘れましたが、羊毛フェルトで馬を作りました。

 

羊毛が原料の色がついた綿を丸めて

ニードルという専用針でちくちくしながら形を作っていくのです。

 

初めてのことで、型紙もなく、顔から作ったので大きくなりました。

人生第1作が「あんず」です。

005

ちょっとだけスマートにできました。

 

何日もかかりましたが、ヨメへプレゼントしました。

喜んでもらえてなによりでした。

 

額から鼻先にかけての白い毛(流星と言うそうです)が

あのオルフェーブルと同じです。それと、右後肢の蹄が白いのも同じです。

 

あんずの方が年上なので、オルフェーブルが似たんだ!と、ヨメが言います。

あんずはディープインパクトと同じ2002年生まれです。

012

それから、飼い葉桶とにんじんやチモシーも作ってみました。

 

小さいけれど、ヨメは牧場のオーナーになりました^^

 

 

ちなみに、ボロ(馬の糞)取り用のちりとりもあります。

008

ボロは、フライ・フィッシングの毛ばりに使うウサギの毛でできています。

色といい、形といい、質感も似ています。

 

ついでにスヌーピーも作りました。

005

たぶん同じものは絶対に作れないと思います。指がハナクソ大です。

 

羊毛よりも、自分の指に針を刺してしまって

「いでぃ!」と、叫んでばかりです。

 

血と汗と、涙で作った作品だす。「♪涙はこころの汗だ!」

↑ 青春ドラマみたいになりました。古いですね。