「あんず」という馬 その2

この記事は約3分で読めます。

 

 

 

 

あんずは

最初、北海道の牧場で生まれて

しばらくしてから

近所の観光牧場で働きはじめました。

北海道2008年8月22日~29日 055

その観光牧場が倒産して閉鎖になり

こんどは九州の霧島にある

観光牧場に引き取られました。

 

 

ここで昼夜放牧を経験しました。

何度も台風におびえたことでしょう。

 

 

 

その後、淡路島にある乗馬クラブに引き取られ

外乗馬として働き始めたのです。

 

 

 

あんずは北海道から九州、関西の兵庫県と

日本の端から端までいっぱい旅をしたのです。

DSC00015(1)

 

 

 

ところが、

この外乗馬の仕事も

他の馬たちと足並みが合わなかったり

牛にびっくりしてパニックになったりして

途中で外乗馬からレッスン馬へと

役割が変更になりました。

 

 

 

レッスン馬になるためには

たくさんの練習が必要です。

 

 

 

ベテランのインストラクターから

スポンサーリンク

あんずはしっかりと乗馬の基本を教わりました。

 

 

 

 

レッスン馬になってから

今度は淡路島の乗馬クラブが

京都府に乗馬クラブを開設したのに合わせ、

あんずは淡路島から京都へやって来ました。

 

 

 

 

そこであんずと

僕たち夫婦が再会出来たのです。

P1070087

 

 

そして僕たちは京都の乗馬クラブへ

通うようになって

ヨメは毎回あんずに乗ることになりました。

 

 

 

 

それ以来、

ヨメはあんずに乗って6年になります。

 

 

 

 

最近はあんずとのコミュニケーションも

よく取れるようになりました。

058

 

 

馬を降りているときは

馬にはいっぱい優しくして、

馬に乗っているときは

主従関係をはっきりさせること。

 

これが今のクラブの方針のようです。

 

 

 

今はあんずに

たくさん愛情を注ぐことができます。

 

 

そして

これからも

あんずを大切にしたいと思っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. ぽかぽか倶楽部 より:

    あんずちゃんは何回も住む場所や働き方が変わったのですね。そのたびやり方が変わり,さぞ不安だったことでしょう・・・。今は安住の地で暮らしているあんじゅちゃん。奥様に愛情を注いでもらっている様子に嬉しく思います。良かったね。あんじゅちゃん。

    • 母ちゃん より:

      ぽかぽか倶楽部さん!有り難うございます!
      あんずね…生まれた時「照葉(てるは)」という名前だったんです。ケンタッキファームに行ってから「あんず」になりました。それから住む場所が変わっても変わっても名前だけは変わらなかったんです。奇跡です。だからあんずと再会出来たんです(^^)可愛い名前でしょ( ^-^)☆
      あんずちゃんはこれからもずっと私たちのおそばにいるので…いつか会いに来てくださいね

      P.S 昨日、場長さんに調整を入れられたそうです。とってもわがままだったらしく(–;)…1時間みっちり。あんずがわがままになる原因は母ちゃんが甘やかすからなので…とっても反省した母ちゃんでした。

  2. どさんこP より:

    こんにちは。コメントありがとうございます。
    色々環境が変わり、あんずが一番大変な思いをしていると思います。それにもめげずにあんずは毎日元気にやっています。
    そんなこんなでヨメとあんずはとても良い関係を築いています。
    騎乗に関しても最近はいい感じです❗
    これからもいっぱい愛情を注いで行きます❗

  3. ぽかぽか倶楽部 より:

    お二人からお返事をいただき恐縮しています。あんずちゃんをあんじゅちゃんと書き間違えたりして・・・。ごめんなさい。乗馬クラブにいる馬はいろいろな人に乗られるので,不必要に蹴られたり,鞭を入れられたりして可哀想と思います。いつの日か自馬として一緒に暮らせるといいですね。

    • どさんこP より:

      本当にその通りです。

      今は夢の実現を目指して貯蓄に励んでいます。
      とは言うものの、なかなかたまりません。

      でも、夢は必ず実現したいので、前進あるのみです。

タイトルとURLをコピーしました