あんずは

最初、北海道の牧場で生まれて

しばらくしてから

近所の観光牧場で働きはじめました。

北海道2008年8月22日~29日 055

その観光牧場が倒産して閉鎖になり

こんどは九州の霧島にある

観光牧場に引き取られました。

 

 

ここで昼夜放牧を経験しました。

何度も台風におびえたことでしょう。

 

 

 

その後、淡路島にある乗馬クラブに引き取られ

外乗馬として働き始めたのです。

 

 

 

あんずは北海道から九州、関西の兵庫県と

日本の端から端までいっぱい旅をしたのです。

DSC00015(1)

 

 

 

ところが、

この外乗馬の仕事も

他の馬たちと足並みが合わなかったり

牛にびっくりしてパニックになったりして

途中で外乗馬からレッスン馬へと

役割が変更になりました。

 

 

 

レッスン馬になるためには

たくさんの練習が必要です。

 

 

 

ベテランのインストラクターから

スポンサーリンク

あんずはしっかりと乗馬の基本を教わりました。

 

 

 

 

レッスン馬になってから

今度は淡路島の乗馬クラブが

京都府に乗馬クラブを開設したのに合わせ、

あんずは淡路島から京都へやって来ました。

 

 

 

 

そこであんずと

僕たち夫婦が再会出来たのです。

P1070087

 

 

そして僕たちは京都の乗馬クラブへ

通うようになって

ヨメは毎回あんずに乗ることになりました。

 

 

 

 

それ以来、

ヨメはあんずに乗って6年になります。

 

 

 

 

最近はあんずとのコミュニケーションも

よく取れるようになりました。

058

 

 

馬を降りているときは

馬にはいっぱい優しくして、

馬に乗っているときは

主従関係をはっきりさせること。

 

これが今のクラブの方針のようです。

 

 

 

今はあんずに

たくさん愛情を注ぐことができます。

 

 

そして

これからも

あんずを大切にしたいと思っています。

スポンサーリンク