あんず

あんず

あなたは馬の幸せや馬の気持ちについて考えてみたことがありますか?

今年もあんずの誕生日をお祝いしました。 ヨメも僕も仕事を休んでクラブへ行ってきました! あんずは、年に一度だけの「リンゴやニンジンを普段よりもいっぱい食べられる日」とでも思っているのでしょうか。 たくさん美味しいものを...
あんず

いつまでも健康でありたいですよね!高齢でも楽しめるのが乗馬!

楽しく騎乗されていますか? 自分は今年になって、週に2回から1回の騎乗になりました。 かれこれ9年間も毎週2回ずつレッスンで騎乗してきたのですが、ドクターストップがあったのです。 もともと腰痛持ちだったのですが、これが...
あんず

新潟競馬場の千直はすごい!その上食べ物も人も素晴らしい!

平成最後の競馬場は新潟競馬場でした! しかも新潟競馬場名物の一直線の千メートルがメインレースです。 ヨメのイチオシの幸英明ジョッキーの応援が目的でした。 その甲斐があって、なんと勝利をプレゼントしてくださったのです! ...
あんず

あんずの乗馬調教をしてくださった方と出会うことができた!

長く乗馬をやっていると、とてもステキな出会いがあるんです! それも「ずっと会いたい会いたい」と考えていた方なのです。 その方はあんずにブリティッシュの乗馬を教えてくださった馬乗りさんなのです! 今回は、その出会いをお話...
あんず

乗用馬も競走馬も調教・馴致がなければ人は乗れないのです!

野生の馬は人を乗せることも人が近づくことも嫌がるといいます。 今回の記事は、一頭の馬が人を乗せて楽しく走ることができるまでには、たくさんの人の力添えがあったことをお伝えしたいのです。 乗用馬も競走馬も、調教という大変な経...
あんず

馬が気持ちの良い季節になりましたね!

馬にとって快適な季節は、ちょっとだけ人が寒いと感じる今頃の季節なんですね! 魚は馬とは全く違うのですが、ボクは釣りが大好きなんです。 長い調教鞭の倍くらいの長さがある釣り竿で、細い糸を振り回して針と糸を遠くへ飛ばして釣りをす...
あんず

乗馬の楽しみは馬に乗っている時だけじゃないんです!

母ちゃんが珍しくクラブの友人とまったりお話しをしていました。 意外とできているようで、できてないのが親しい人とのコミュニケーション。 特に親子の間では、できていると思っているのに 出来ていないのが意思の疎通ですよね。 あ、夫...
あんず

プロの馬関係者はやっぱりすごいと思います。本当に!

馬の手入れについて 今回はお伝えしますね。 あなたは馬のお手入れは スムーズにできていますか? 大変ですよね! 馬の性格は十人十色みたいで、 身を任せてお手入れしやすい馬もいれば 「お前なんかにされてたまる...
あんず

乗馬は年を取っても始められます!きっかけは近くにありますよ!

先日、ヨメと一緒に乗馬へ行ったのです。 それも平日の午後でした。 平日は仕事をリタイアした方や、平日が休みの会員さんが多いんですよ。 当然年齢層もボクと同じくらいの方が多いのです。 そんなある日のクラブハウスでの...
あんず

馬も人も年を取るけど良いこともいっぱいあるんです!

馬の年齢は元旦になると一斉にひとつ歳を取るんですよね。 あんずは今年で17歳になるんです。 人間の年齢に換算すると 52.5歳。ヨメと全く同じです! 以前、こちらの記事でもふれました。 こちらが参考に...
あんず

馬は人と人をつなげてくれる!多くの方と出会えた2018年

2018年の乗馬ライフは無事に終了! 大切な馬と深く関わりたい!と願っているボクたち夫婦は、馬のおかげで2018年も多くの方と出会うことができました。 なかでも「馬を大切に考えている」多くの方々と出会うことができて、本当に嬉...
あんず

ヨメよ頼むから家でボクに舌鼓するのだけはやめてください!

乗馬をされている方は分かると思うのですが、舌鼓ってありますよね。 舌鼓は「ぜっこ」と言います。 馬に関する本では「チッチッ」と表現していますが、「キッキッ」と表現したほうがいい感じです。 「したずつみ」とは違うんで...
あんず

大切な馬とのコンタクト 騎座とハミを通しての馬との会話

馬と関わる時間が増えてくると、どんどん楽しみが増えてきます。 それは、知識だけではなくて自分で体感したものが多いのです。 最近になって多いのが、馬の上で「なるほど!」と思う時です。 騎座やハミを通して馬と会話をしている...
あんず

乗馬用ゼッケンのおすすめ!目的と機能から選ぶのがコツ!

馬の鞍下に敷くゼッケンですが、種類や色など多くのものが出回っています。 ゼッケンは鞍の形状に合ったものを選ぶのがポイントなんです。 障害馬術用の鞍は、ゼッケンの形が障害用のものを。 馬場馬術用の鞍は、ゼッケンの形が馬場用の...
あんず

「老い」という問題は人にも馬にも厳しい現実がある(続き)

若い時には及びもつかなかった「老い」という問題。 50歳を過ぎると、自分のからだの「老化」という現実に直面させられます。 ふとした拍子で驚いてしまうことってありませんか? 自分は時々あるんです。 ...
タイトルとURLをコピーしました