あんずがヨメに甘えている場面を見ていた方が、ヨメにステキなことを言ってくださいました。

そのことが今回のブログの中心です。

乗馬クラブの馬は、本当にたくさんの表情を見せてくれます

時にはそれが、あまりにもおかしくて笑い転げることがありますよね。

かと思えば、何かを伝えようと必死になっていたり、感情がむき出しだったり・・・

スポンサーリンク

めったに見せない安堵の表情


先日のレッスン直前のことでした。

洗い場で、ヨメが鞍や頭絡などの馬装を済ませた直後の場面です。

いつものように、あんずがヨメに鼻先をくっつけてうっとりしていました。

あんずを調教してくださったインストラクターのUさんがヨメに声をかけてくださいました。

 

Uさん「よくなついてますね~♪」

ヨメ「そーですか~?」

Uさん「僕たちにはそんなこと絶対しませんよ~」

コレを聞いたヨメはもうすっかり上機嫌で舞い上がっています。

Uさんは続けて「甘えてますね~♪」「探してくれて、大切にしてくれて、良かったな~♪」

ヨメ「一生面倒みるつもりです!」

Uさん「良かったな~」

 

そんなやり取りがありました。

 

馬は本当にたくさんの表情を見せてくれる

 

あんずはヨメととても仲が良くて、仲の良い姉妹に見えてきたりするときがあるんですよ。

またある時は友達のように見えたり、ベストパートナーに見えたりもします。

 

「馬が合う」という言葉がピッタリしっくりくるんです。

 

本当に心を許してない相手には絶対に見せない表情があるとするなら、

ヨメにはいつも、他人には絶対に見せない表情でいてくれるように感じています。


スポンサーリンク

家では素のまんまのヨメ!

夜、家でボクがのんびりしていると、

あんた、この前のことブログになんで書かないのよ!

と、何度も訴えるのです。ヨメが。

 

「この前のこと」とは、もちろんUさんとヨメの「あの会話のこと」です。はい。

 

今でも家では弱い立場のボクは「とるものもとりあえず」ヨメの要望に応えなくてはなりません。

でもまあ、それで家内安全であればいいかな、と思っています。


素のまま、というのは大切なのは分かるのですが、結構大変なんです!自分。

 

最近はボクに「舌鼓」を使うことが少なくなったので、いいことにしておきましょう。

こちらの記事も参考に!
心の中では「今日はこのくらいにしてやるよ!」と一回は言ってみようと考えているのです。

が、そう言いたいのですが、言えないのが現状です。

 

皆様のお宅ではどうなんでしょう???

 

乗馬はやっぱり楽しいですね!


レッスンの予約日に天候不良だったり体調不良の場合、正直「行きたくね〰」と感じることがありますよね。

でも、あとになって後悔しないようにしたいので、頑張って通っているとイイことがあったりします

 

「イイこと」にはこんなことがありますよね。

 

・馬の性格などで知らなかった面を発見できた時

・馬がどんくさいことやアホなことをやってくれたのを目撃できた時

・「ええっ!」と思えるような衝撃の場面に出会えた時

・後肢を裏掘り中にボロの直撃をもらっている人を目撃した時

・レッスン中にサボっているのがバレた馬がシャキッとなる時

・馬上で風を感じる時

・できなかった課題を克服できた時

・馬と意思疎通ができた時

 

やっぱり馬と一緒にいられることが最上の喜びですね!

こちらの記事も読んでくださると嬉しいです!

スポンサーリンク