誘導馬

ネットで馬関連のリンクをたどっていったところ、

誘導馬について、実際に専門として運営しているサイトがあったのです。

GUM09_CL02406

大井競馬で誘導馬管理・調教等の請負を

専門にやっている会社のホームページです。

 

その中で、誘導馬について、

毎日の生活が写真とともに詳しく掲載されていました。

馬の情報いろいろ

 

ここは、大井競馬場の誘導馬を委託されている会社で、

誘導馬用のきゅう舎を構えて、

レースごとに誘導馬を出しているようです。

 

 

以前、ヨメがJRAのG1レース『エリザベス女王杯』の誘導馬をやりたい!

と言ったことを思い出しました。

桜花賞

ここならがんばれば、いけるかもしれません。

 

 

 

でもでも、よおく考えてみると、

「誘導馬をやってみたい」と考えられること自体が、

馬から『夢や希望』を与えられた、ということじゃないかと思うのです。

 

 

そういう意味で、あんずはヨメにとって

夢や希望へと向かうための『誘導馬』だったのです。

 

間違いなく、もうすでに、立派な誘導馬だったと思うのです。

 

 

オリンピックや、G1の誘導馬など、

夢や希望や力を与えてくれる、

明日への誘導馬なのですね。

 

 

皆さんの近くにも、

明日への誘導馬はたくさんいますよね。

 

2 Responses to “誘導馬”

  1. kumami より:

    すてきなサイトの紹介ありがとう
    こんな仕事もあったんですね。
    馬を仕事にする仕事、ではジョッキーや厩務員とかはメジャーでけど、
    誘導馬の会社に就職というのは初めて知りました
    すごくあこがれます なりたかったなー
    各レース、必ず誘導馬が出てきますよね、彼らの個性までは考えたことなかったけど
    これからはじっくり見てみたいと思います

    • どさんこP より:

      こんにちは。

      色々と見て回ると、新たな発見や出会いがありますね。

      ネットのおかげでだいぶ世界が広がりました。

      競馬の世界もまだまだ広くて深いのだろうと思っています。

      地方競馬も知られていない部分が多いようですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール



僕が50歳になり、ヨメと一緒に乗馬を始めました

愛馬と一緒のセカンドライフを目指しています

病気やケガもありましたが、夫婦2人で楽しんでいます

色々あったことや、考えたことをつづります

お勧めの一冊!

おすすめです

このページの先頭へ