ヨメとあんずは騎乗時、

異次元の段階に突入しました。

 

というのは、

馬場でのヨメとあんずが

イイ感じでなのですが、

駈歩など今までの速度ではなく

結構なスピードで走っているのです。

 

他の会員さんには見せないような

鋭い歩様で速歩をしたり駈歩をしたりしているのです。

 

 

かと言って

ヨメが怖がったり不安を感じている

という訳ではなく、

他の人には見せないような意欲を見せて

スムーズに一緒に走っているのです。

それも楽しそうに。

 

 

 

 

長年に渡る信頼関係が

騎乗につながって来ているのかとも考えられます。

まあ、ボクのひいき目ですが。

003

でも、

羨ましくなるくらい楽しそうに

駆け回っているように見えるのです。

 

 

普段からヨメは

あんずにたくさん話しかけて

仲良くやり取りをしています。

信頼関係が出来ているんだなと

ちょっぴりうらやましく感じています。

016

スポンサーリンク

 

 

乗馬は経験に比例して上達するという

ことも聞いたことがありますが、

それだけではなく

普段からのコミュニケーションが

とても大切だと思います。

038

 

馬と人との信頼関係。

馬に負担をかけない騎乗。

正中軸がぶれない騎乗。

正確な扶助。などなど。

 

 

 

 

馬に乗るということは

本当に奥が深くて

それがまた

楽しみになってきます。

 

 

 

実際に走りで応えてくれるのは

言葉に出来ないくらいの

感動を与えてくれます。

 

 

 

また、

馬の上で流した汗も

本当にさわやかな気持ちの良いものに

感じることができるのです。

 

 

 

以前、コーランに記された言葉の中に

「地上の楽園は馬の背にある」

とあったことを思い出しました。

このことを最近になって

初めて実感しています。

 

 

 

 

乗馬というものは

本当に良いものですよ。

 

 

 

一人でも多くの人に

この楽しさや感動を感じてもらえたらと

心から思っています。

 

スポンサーリンク