童謡の山のワルツは、皆さんご存じでしょうか?

山のワルツ

 

「幼稚園」の歌詞の部分を「乗馬クラブ」に変えると、

乗馬クラブに通ってくる人がどんな人か分かりますよね。

あ、やっぱり分かりませんよね^^

 

GUM01_CL03144

乗馬クラブの会員さんたちにも色々な方がおられるのです。

 

馬が大好きで、馬ラブな方もいれば、

インストラクターが大好きで、インストラブな方もいます。

GUM01_CL01096

何年か前のバレンタインの日、受付のカウンター横で

専用馬の手続きをしていると、入れ替わり立ち替わり

「○○インストラクターをお願いします」

「▲▲インストラクターをお願いします。」などと、

次々にチョコレートを渡している場面を見ました。

 

何気に、昇級検定の担当インストラクターが多かったのが妙でした。

 

 

以前、僕たち夫婦が「初級駈歩」のクラスに通っていた頃、

年配の母娘でジャンパーやパンツを同じ色で揃えていた方がいました。

GUM05_CL11022

僕たちが、そのクラスを終えて、次のクラスへ移った後も

ずっと同じクラスに通っていたのですが、その後どうなったのか気になります。

 

 

 

小学生の低学年の子供さんとも仲良くなりました。

今ではその子は障がい飛越の大会に毎回エントリーするような実力をつけたようです。

 

以前は、「おかあさん、どこいったか知らへん?」なんて話していたのに。

GUM05_CL05061

 

僕ら夫婦は、あと何年かしたら、北海道に牧場を作るんだよ。

その時は絶対に遊びに来てね!と約束したことを思い出しています。

 

 

乗馬クラブの会員さんの中でも、

自分の大好きな馬を、日本中探し回って見つけた、

という方は少ないのではないかと思います。

 

まして、その馬がいる乗馬クラブへ、毎週通うことが出来る

幸せな会員も、また希少なのではないかと思います。

GUM05_CL09057

「馬を探して三千里」という方は

我が家のほかにはないんじゃないかなと思ったりもします。