あんずもヨメも、

なにをかくそう、午年(うまどし)生まれなんです。

ということは、両方とも、年女ということになります。

CIMG1815

占いには、僕はあまり縁がありませんが、

ウマ年でも特に丙午(ひのえうま)生まれのヨメは

強烈な個性を持っているのです。

 

 

ヨメは、長いこと小児科の仕事をしていたので、

子どもの心をつかむのが天才的に上手なんです。

 

僕は、子どもが大きくなったのと、たいして変わらないので、

僕の心もがっちりわしづかみにされたのであります。

byebye_boy

そして、ヨメは子どもの頃から毎週土曜日は吉本興業の

「新喜劇」を見て育ったので、ギャグのセンスもぴか1です。

さらに、人を笑わせるセンスも抜群です。さすが大阪人!

byebye_girl

ウマも人を笑わせてくれる天才なのをご存じでしょうか?

時々、人の理解を超えた行動をやってくれるので、

時にはあまりのおかしさに、笑い転げることがあります。

 

あんずの「エアー前掻き」もそうですが、

「だるまさんがころんだ」をやると、たぶん楽しそうです。

信じられないくらい、だらけた姿をしていることもあります。

ばいばい

ウマは人と一緒にいたいと思ってくれる動物です。

褒めて育てると良いと、よく聞きます。

スポンサーリンク

 

 

褒めて育てるのは子どもも同じではないでしょうか。

マイナスの部分を叱るよりも、

プラスの部分を褒めて伸ばすのです。

プラスの部分が多くなると、

マイナスの部分が隠れてしまうのです。

 

 

そういうことをさせると、ヨメが得意なんですね。

子どもを褒めて育てるように、

ヨメはウマに接しているのです。

楽しい

そういう意味で、あんずとヨメの関係は

とても良い関係で、騎乗している姿を見るのは

それはとても楽しいものです。

 

かといって、マイナスの部分を叱ることを

おろそかにしているわけではないのです。

 

時々、鞭の音が「バチコン!」と

ヨメのいる馬場から聞こえるときがあるのです。

 

ひやあ。びっくり。

以前、ヨメはあんずへの鞭は1日3回と決めていた

ということですが、今はそれもなくなったみたいです。

 

 

ウマと良い関係を築くことは、

とても大切なことです。

 

先日も

「乗馬とは、馬と会話すること。」

について書いてみました。

 

馬との会話はとても難しいことですが、

今必死で取り組んでいるところです。

 

 

なかなか目に見えての上達はしませんが、

ほんの少しずつ、あれこれと取り組んでいます。

 

筋肉痛からは、相変わらず離れられませんが

しんどいけど楽しいんです。乗馬は。

 

 

乗馬は意外に体力を使いますが、

それ相当の楽しさと癒しを与えてくれます。

 

 

 

 

 

どうか乗馬を楽しむ人がひとりでも増えますように。

どうか馬との生活を始める人がひとりでも増えますように。

こころから願っています。

スポンサーリンク