先日の『戦火の馬』以来、映画に夢中です。

 

ネットで「馬」に関する映画を調べて

ヨメが借りに行ってくれました。

 

今回観たのは『シービスケット』という映画です。

seabiscuit(A)

20世紀初頭のアメリカが舞台です。

 

大恐慌に見舞われた時に出会った3人の男達と

シービスケットという不運の競走馬との出会いから

大成までの、実話に基づいたストーリーです。

 

それぞれの人生を歩んできた3人の男は

馬主、調教師、ジョッキーの3名です。

スポンサーリンク

 

それぞれがいい味を出しています。

3名の男達それぞれが、大きな挫折を味わっています。

 

しかし、それに負けずに現実に立ち向かっていくのです。

馬から大きな力をもらっているように思いました。

 

競馬のレースシーンは、ジョッキー目線だったり

かなり見応えのある映像です。

 

人々に、勇気と希望を与え続けた競走馬と

この馬にかかわる人たちの人間くさい生き方が見ものです。

1196157921n6luO6

 

たくさん元気をもらうことが出来た映画です。

スポンサーリンク