場長さんのレッスンは、

本当に勉強になります。

131さし絵スタジオ1

先日、騎乗した時には

「人の体も、馬の体も基本的に同じで、

 どんな動きをするのかを知ることが大切」

というようなことを言われたのです。

 

 

 

話の発端は、

内方脚扶助の時に、

馬の「あばら骨」の動きを感じてほしい

と言われたのです。

 

 

馬がヨレていることや、肩逃げしていることなどを

しっかり感じ取れるための練習を、

これから学んでいこうという場面での言葉です。

 

 

 

この動きを感じながら、

内方脚での角度や強さ、位置を変えてみたりして

ベストの扶助になるポジションを探すのです。

104さし絵スタジオ1

そんな話の流れの中で、インストラクターは

「理学療法の分野を理解することが理想」

ということも言われて、

なるほどなあ。と、感心していました。

スポンサーリンク

 

 

 

★馬の体の構造がどうなっていて、

 それがどう作用するのか。

 

★騎乗者にとって、どう馬をコントロールするのがベストなのか。

 

★無理をしない体勢を維持するのには何が必要なのか。

などなど。学ぶことがいっぱいです。

 

 

 

最終的に、乗馬は馬を通して

自分のことを知ることかも知れません。

ということを言われました。

 

 

 

なるほど。なるほど。と、

感心してばかりいました。

 

 

自分の体を知ること。

馬の体を知ること。

体だけではなく、

パートナーとして折り合いをつけること。

 

 

 

大切なことを次から次へと教えてくださり、

本当に嬉しくためになるレッスンです。

 

 

 

 

ただし、聞くことと実行することは

これまた全然違うことなので、

僕は「ふむふむ」と言いながら、

全然扶助が出来ていないのです(^^ゞ

 

100さし絵スタジオ1

 

騎乗した日には、必ず記録している

騎乗日誌は僕の宝物になっています。

スポンサーリンク