今、拍車の使い方を練習しているんですが、

これがまた難しくて、なかなかちゃんと出来ないのです。

 

それで、ちょっとスランプのようになっています。

 

 

脚、拍車、鞭。

これを何度も繰り返してフラット・ワークするのですが

足の内転筋が引きつって、かなりの筋肉痛になっています。

 

乗馬はやっぱり体育会系ですね。

文系でのほほんと育ってきたボクにはけっこうハードです。

 

脚、拍車、鞭、のところが、

脚、拍車、無理。なんてことになっているのです。

 

さらに、鞭を当てる場所も意識して、ある場所を

めがけて打つように指示されるので、

ふんがあ。と、なりながら奮闘しているのであります。

 

そしてさらに、扶助と扶助の間のフリーにする

騎座も姿勢も大切なのです。

 

そして、中心軸をぶれないようにすること。

頭が大きい

 

体の中では盆と正月がいっぺんに来たように

こんがらがってきそうになりながら

体感で覚えようと必死にレッスンしています。

スポンサーリンク

 

 

馬とコミュニケーションを

上手に取れるようになるためのレッスンなのです。

 

 

でも、これを越えると少しはましに

騎乗出来るようになると思うので、

今は必死のパッチで頑張っているところなのであります。

 

 

 

一方、ヨメの方はというと、

拍車も不要なほど、

あんずと一体感が増してきているようです。

 

 

 

最近、変わったのが、ヨメはインストラクターから

「鞭!」と言われると、乗っているのがあんずだと

「いやです!」なんて言ってたことがあったのですが

最近は真面目に鞭を効果的に使っているではありませんか。

 

隣の馬場から「パシッ!」という

鞭の音が聞こえることがあるのです。

 

昔では考えられなかったのですが、

さすがはインストラクターさんです。

しっかり大事なことは伝えてくださっています。

005

ヨメとあんずとのコミュニケーションは、

以前にも増して、よりよく取れているように思います。

 

負けないように、しっかりレッスンしなければ。

 

スポンサーリンク