先日のレッスンで、

ヨメもボクも、馬に対する指示が甘い

ということが分かりました。

2012さし絵スタジオ1

ヨメはあんずを大切にするので

ここぞと言うときに強く出られないみたいなのです。

 

でも最近は、この壁をどうやら越えてきているようです。

恐るべしヨメ。

 

 

ボクは違うだろうと思っていたところ、

ボクもインストラクターから

「馬に対して、もっと強く出てください」

という指示がありました。

 

つまり、ヨメと同じくOKを出すラインが低い所にあるんです。

スポンサーリンク

これが現実だったのです。

12さし絵スタジオ2

 

無難に騎乗していても、上達しないということのようです。

 

車に例えると、アイドリング中にエンジンの回転数をもっと上げて欲しいと言うことのようです。

 

 

なんと先日は場長さんに

「破天荒に乗ってもらっても良いですよ。」と言われました。

どんだけおとなしく省エネで騎乗しているんでしょ、自分。

 

 

そんなこんなで、どんどんレッスンがきつくなってきます。

年齢と共に体力が衰えてきた自分をいたわりつつ

次回はちょっとだけ頑張ってみようか

と、考えているのでありました。

 

スポンサーリンク