あんずの超大好きな葉つきニンジンが

スーパーにならんでいたので速攻買いで

あんずのところへ行きました。

プリント

 

この日の午前中は

ヨメの運転免許の書き換えで

午後から乗馬にしました。

(運転しないのでゴールドです)

 

 

レッスンの後で

あんずの馬房の前に

ヨメと一緒にいました。

 

そこへなにやら

外国人の年配の方と

通訳の方とスタッフの方がやってきました。

 

そこでなんとヨメが

英語でしゃべり始めました。

あんずに向かって

「この子ナイスホース!ベリーキュート!イェーイ!」

と言うと

その外人さん

あんずの背中をなにやら調べているようです。

 

そして、何を言い出したのかというと

通訳の人に向かって

「この子と、私はいい感じか聞いて」と

おもむろに指示しているのです。

 

これに圧倒されたのか、

困惑しつつも通訳してくれました。

スポンサーリンク

 

はたしてその答えは

「バッチリ」と日本語で答えてくれました。

GUM05_CL01086

それに反応したヨメは

「イェーイ!サンキュウ!

ベリーナイスホース!ベリーキュート!」と

立て続けに英語を連発です。

その外人のおじさんがヨメに握手していました。

 

 

 

後で知ったことですが

この外人さんは馬具メーカーさんの

オーダーメードの鞍を作っている人のようです。

 

同じクラブの会員さんが

ハーフ・オーダーで鞍をつくるのだとか。

 

 

 

ヨメが英語を話せるとはびっくりしました。

ボクも少しだけ会話に参加させてもらいました。

 

あんずの年齢を聞いていました。

「ハウ オールド?」

「サーティーン!」と答えました。

 

 

 

 

この時はびっくりでした。

ヨメと一緒になって10年以上経ちますが

ヨメがこんなに英語を話せるとは知らなかったです。

 

この人はどこへ行っても生きていけると思いました。

 

ある日の馬房の出来事でした。

スポンサーリンク