先日、同じクラブの会員さんと立ち話をしました。

0-15

最初の頃、乗馬をやっている人を見ると、

優雅に馬に乗っていて、体力なんか使わないでも

楽しめるスポーツなんだ。などと考えていました。

と言うと、そうそう。同じように考えていました。

という反応がありました。

 

こんなにハードなスポーツだとは夢にも思わなかったですね。

なんて話をしていました。

僕は、まだまだ内転筋が悲鳴をあげています

0-71

でも、楽しくてやめられないのも乗馬の良いところですね。

などと話していました^^

 

 

 

場長さんによると、

乗馬は、人と違う生きものと折り合いをつけるので、

これが一番難しい。とのことでした。

 

馬は最低限、決められた約束(調教)で指示された通りに

スポンサーリンク

動くようにしつけられているのです。

 

乗り手も決められた指示を、馬に正確に伝えて

それで馬がちゃんと動いてくれて、そこではじめて

「馬に乗っている」ということができるのです。

 

「自分の意志が馬に伝わっている」と考えるのは

思い上がりの場合が多く、馬が約束を守って

たまたま動いてくれたと考える方が自然です。

 

というような内容を教えてくださったのです。

いやあ、乗馬ってある意味、奥が深いんだなあ。

などと関心していました。

314641369_b5c7081d13

 

 

目下の僕の課題は、騎乗中に内股にすること。

足先を内に向けると、膝が自然に鞍に当たり、

ホールドがしっかりできるんですね。

そうすると、内方脚の扶助がやりやすくなります。

 

 

馬乗りになるためのちょっとした試練かも知れません。

でも、これを克服すると、楽しい世界が待っている

と思うので、これから先を楽しみにしながら

筋肉痛と闘っています。

スポンサーリンク