サイモンとガーファンクルの歌で

『4月になれば彼女は』という曲を思い出しました。

 

 

中高生の頃、歌詞の意味も分からずに

ギターで耳コピーしていたのを懐かしく思い出しました。

 


 

叙情詩的な歌詞で、「彼女」となっている箇所は

僕個人的に「いのち」に思えるのです。

 

そうやって聴いてみるのも一考です。

 

人のいのちの営みにも

馬のいのちの営みにも

すべてのいのちあるものの営みにも聞こえます。

 

 

 

 

春にいのちが生まれ、

そして育っていく。

やがてこころはあちこちさまよい始める。

寒さが近づくといのちはやがて・・・

 

 

 

けれどもまた春になると

いのちが生まれ、育っていく

そうやっていのちが続いていく

そんなことを歌っているのかも知れません。

4月になれば彼女は

 

 

 

4月、馬産地ではベビーラッシュですね。

 

 

いのちがあちこちで芽吹いています。

どのいのちも健やかに育ちますように。

スポンサーリンク