以前、「馬のクセ」について書いたことがあります。

あれから8ヶ月経ちましたが、

馬をまっすぐ歩かせることがなかなか出来ずにいます。

 

 

あんまり進歩していないということがバレバレですが、

実際にそうなので、これはしょうがないです。

boy_tehe

馬の「ヨレ」に対応出来るように

レッスンしているのですが

馬のヨレは3つあるのだそうです。

  1. 肩逃げ
  2. 腰逃げ
  3. ふらふら逃げ

 

 

よれていく方向の手綱と膝、

ふくらはきで壁を作って

ヨレをおさえるのです。

前へ行かせるように扶助を出さなくてはなりません。

 

 

レッスン時間の45分間は、

馬にも感覚的に分かっていて、

最初のコンタクトがとても重要なんだそうです。

0-82

 

前回のレッスンで、自分ではなんとか

スポンサーリンク

馬を動かすことが出来ていた。

と考えていたのですが

インストラクターによると、

実は「肩逃げ」されていたのだそうです。

 

 

やっていることは間違いではないということでしたが

後は「感覚」で理解していくことが練習です。とのこと。

 

 

 

「逃げ」に、どれだけ気づけるのかが大事です。

馬とのコンタクトで大切なことは、

次の3つのことだと思います。

  1. 探ること
  2. 感じること
  3. 求めること

 

 

 

人間とは違った生きものと

やりとりをするのですから

最初からうまくいくわけは無いのですが、

難しいですね。本当に奥が深いと感じています。

100さし絵スタジオ1

 

以前、スマップの歌に

「セロリ」というのがありました。

その歌詞を思い出しました。

 

♪育ってきた環境が違うから、すれ違いは否めない~♪

馬の上で歌を歌うのも

リラックスできてイイかも知れませんね。

 

 

 

 

スポンサーリンク