最近はとても暑くなってきたので

馬たちは、レッスンの後に馬体を水で洗ってもらいます。

 

連続でレッスンにでる馬には

おしりのあたりや頸のあたりを冷やしてもらいます。

 

その時だけは、普段うるさい馬も

気持ちよさそうに静かにしています。

484307_504004926323338_202787970_n

 

競走馬の関係者から聞いたのですが、

馬は脚をブラッシングされると気持ちが良い

ということみたいです。

 

あの体重を細い細い4本の足で支えているのですから

結構な負担がいつもかかっているように思います。

1146901_589418554448641_1908537196_o

 

レッスンの後は、馬の脚をマッサージしながら

発熱している部分はないかと調べたりします。

 

 

本当に、この細い足でよくこの重い体重を支えるものだ

と、感心してしまいます。

スポンサーリンク

 

そして、この体温。38度くらいと言われています。

それで、濡れた被毛も早く乾くのです。

 

よくできているなあ。

と、いつも感心します。

 

この体重に体温。濡れた被毛の乾きやすさ。

 

そして、逃げ足の素早さ。

horses-in-the-netherlands--grasslands--brown_19-109498

 

 

 

けれども、

一頭一頭全然違う性格。

頑張り屋さんもいれば、

さぼりたがりのワガママ娘もいます。

 

 

それでも

少しだけ自分の意図した合図に応えてくれると

とても嬉しいものです。

 

徐々に言うことを聞いてくれたり

指示に従ってくれてりしてくれると

「ああ、やっぱり乗馬はいいなあ」

と、つくずく思うのです。

 

 

でもこれが

なかなか味わえないので苦労しているのです。

 

 

もっともっと上手に騎乗できるように

なれたらいいのになあ。

 

やっぱり練習第一ですね。

 

スポンサーリンク