4月6日の夜に放送された

テレビのドキュメントで

 

陸上のアスリートの武井壮さんが

競馬のアスリートである

武豊ジョッキーに密着取材する

そんな内容の番組を見ました。

 

テレビの前で応援

 

アスリート同士の対談には

参考になる言葉がいっぱいありました。

 

 

 

その中で

人馬二体」というキーワードを

武豊ジョッキーが使っていました。

 

 

 

その意味は

 

人が馬に、馬が人に対して

思いを伝える

 

そんな内容の話だったと覚えています。

 

 

ご覧になった方もおられたと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

 

一番印象に残ったのは

武豊ジョッキーが

騎手に対する情熱は誰にも負けない!

世界で一番!

言っていたことです。

 

本当に騎手が大好きで

騎手をやっている

そのことがとても心に残りました。

 

 

 

 

それを見ていた嫁は

「あんず」に対する愛情は

誰にも負けない

世界で一番!

と力を込めて言っていました。

 

2テレビの前で応援

そうだよね~

あんずに対する気持ちは

誰にも負けてはいないよ。

僕が保証します(笑)

 

スポンサーリンク