ヨメは看護師生活のほとんどを

小児科で勤務しているのです。

 

それで、「子どもとすぐに仲良くなれる」

という技術を体得したのです。

 

特技、と言っても良いです。

本当に、子どもと仲良くなるのが早いです。

ナースその1

 

乗馬クラブでも、

ジュニア会員の子どもさんと、すぐに友達になれるようです。

 

 

 

先日、ヨメが大好きなKくん(小学校高学年)が

あんずに騎乗することになりました。

 

その時間、ヨメは違う馬に騎乗予定で、

その次の時間にあんずに乗る予定だったのです。

0-35

ヨメ「Kくん、あんずやねんな。私のアムロと替わってくれへん?」

Kくん「え~。アムロって乗ったことないもん」

ヨメ「白くてララミーみたいでかわいいで」

Kくん「それは無理!」

 

 

 

そうこうしているうちに、

レッスンが終わりました。

 

 

 

ヨメ「あんずどうやった?」

Kくん「え~。馬はかわいかったで」

ヨメ「めっちゃ上手やったな。あんず、かわいいやろ?」

Kくん「う~ん。かわいい。けっこう乗れた」

ヨメ「じゃあ、今度、アムロとあんず、替わって?」

Kくん「それは無理」

ヨメ「そう。ゴメン。」

 

という会話があったと言ってました。

 

 

 

 

いつも指導してもらうインストラクターさんに

「あんずとアムロと替わろう?って

スポンサーリンク

Kくんに言ったら断られたー」と平気で言うヨメです。

 

 

インストラクターさんは、

「KくんがOKでも無理っす!」ということでした。

 

それにもめげずにヨメは、

「でも、また た~のも~ っと」

なんてニコニコしながら言ってます。

0-34

 

 

子どもと仲良くなるという話でしたね。

 

 

装蹄師さんの娘さんや、

ジュニア会員さんの妹さんなど、

すぐに仲良しになります。

 

 

さらに、スーパーに買い物に行っても、

子ども達と仲良くなるのも早いのですが、

名前を覚えるのも早く、忘れないんです。

 

すごい才能だと思っています。

プロ根性があると、尊敬しています。

 

 

 

 

 

乗馬用の馬は、人間で言うところの

3歳児くらいの知能を持っている

などと言われることがあります。

 

そう考えると、ヨメのこの特技は

乗馬に生かすことが出来ると思うのです。

 

馬と上手に会話をして、

子どものように、馬を手の内に入れることができれば

上手な馬乗りになれると思うのですが・・・。

 

 

同じことをインストラクターさんに言われていたようです。

 

 

 

さてさて、ボクとヨメとの関係ですが、

ボクが子どもっぽい部分が多いから

仲良しになれたんじゃないかなと、

今では思うようになりました。

 

 

 

と、いうことは、

ボクが手の内に入れられたということか。

あ、そうか。

今気づいた。

 

 

スポンサーリンク