昨日は晴れていましたが、風が強かったのです。

馬場の横は、森になっていて、そこには木霊が住んでいます。

 

あ、木霊は分かりませんが、

馬がそっちの方向をなぜか怖がるのです。

 

風の音が森の方向から聞こえると、輪乗りの蹄跡が

ちょうどお米の輪郭のように、

その方向だけ内側に刺さるのです。

images

そんな輪乗りを続けていて、

「ダメだよ内側にささったら!」と、毎回鞭を使っていたら

速歩で逃げたり、駈歩で逃げたりしていました。

 

それも、今までになかったようなスピードで逃げるのです。

よっぽど風の音が怖かったのか、

隣で輪乗りしている人の馬場へ何度も越境しました。

しまいには後ろの馬場へも侵入しました。

1146901_589418554448641_1908537196_o

インストラクターが言うには、

これが「物見」ですね。ということでした。

 

なるほどなるほど。これが物見か。

僕のレベルではぎりぎり耐えられたのですが、

もう少しで逃走中の馬から落馬するところでした。

 

またもや落馬か?などという思いが頭をよぎったのですが、

なんとか馬をなだめることが出来ました。やれやれ。

 

こういうときは、常歩でしっかり歩かせることが大事だ、

ということでした。

 

今日の騎乗で、暴走気味の状態が分かりました。

なるほど、こういう状況の時は常歩、と。

今回はいいレッスンでした。