レッスンの時に、馬をその気にさせるために

鞭は必要なんですが、 これがまた使うのが難しいのです。

 

脚の扶助(馬への指示)の補助として使うのですが

 

脚の反応が悪かった場合や無視した場合に

次の矢として、「ぺしっ!」と使うのです。

 

しかし、これが意外と難しいのです。

あくまでもさわやかな雰囲気の中で冷静に、

しかも突然(効果的に)に「バチコン!」と

一撃でこちらの意図が伝わるように使わなくてはならないのです。

 

 

馬の予想に反して、自分が冷静に、

しかもぴしゃりと一発で こちらの思いが伝わるように使う。

これが必要最低限の鞭の使い方なのです。

し、しかし、これがなかなか出来ないのです。

 

0-54

 

注意喚起といっても、何度もされると人間だって嫌になります。

できるだけ数を少なくして、こちらの意図を伝えなければならないのです。

 

 

わかっちゃいるけど伝わらねんだよなあ。

それで、 わかっちゃいるけど数多くなるんだよなあ。

 

 

・・・冷静になって考えてみると、 今まで何十、何百、何千回と鞭打ってきたなあ。 0-55

 

それにしては、なかなか上達しないものだ。

 

叱られるときは、短くぴしっとがいいに決まっている。

鞭も、短くぴしっとがいいに決まっている。

 

 

 

 

わかっちゃいるけどなあ・・・