0-20

乗馬をした日は、家に戻るとすぐに乗馬用具を手入れするのが日課です。

ヨメの分と自分の分、まずはブーツの汚れをブラシで落とします。

 

乾いた布で汚れを拭き取り、皮革油を薄く塗り広げます。

最後に乾いた布で油を拭き取り、ブーツやチャップスの完了です。

ちなみに、ブーツの汚れ落としは、乗馬クラブで済ましてくるときもあります。

0-45

プロテクターやヘルメットには、ファブリーズをシュッとして、

陰干しにします。僕は汗かきなので、これは欠かせません。

 

汗だくの日は、プロテクターを5センチくらい水をためた

浴槽の中で踏み洗いです。その後はよく水を切って陰干しです。

 

 

道具はいつもぴかぴかのものを、長く大切に使いたいのです。

きれいな道具を使っていると、気持ちがいいですよ。

 

 

この作業は、乗馬を始めた当初から、必ずやっています。

おかげで、ブーツもチャップスも新品同様にぴかぴかです。

043

そしてなによりも、革製品にはしっかりと保湿油が染みこんで、

とても良い香りと、革に風合いがよく出てきました。

 

これも、昨日のブログに載せた、「レザー・バルサム」のおかげです。

鞍にも使えるもので、仕上がりは最高です。

 

我ながら、よく続いているなと感心しています。

毎回の日課になると、苦ではなくなるのが不思議です。

 

 

毎回大変だ。と思うことでも、

楽しみながら、毎回の日課にすると、気持ちがいいもんですよ!