馬喰(ばくろう)さん

この記事は約3分で読めます。

 

生まれて初めて牧場を間近で見たのが

Оさんの牧場でした。

 

これまで色々な牧場は見てきましたが、

馬の近くまで寄って、直接馬たちと触れてきたのが

そこが始めての体験だったのです。

 

 

Оさんというのは、

日高ケンタッキー・ファームが閉鎖になった時、

馬の行く先をあちこち決めてくださった

馬喰(ばくろう)さんです。

 

馬の仲介業者とでもいうのでしょうか。

馬の専門家で、体調管理から育成・販売まで

手がけておられるようです。

smartphone_man_smile

電話であんずの消息を伺ってはいたのですが

直接にお目にかかったことはなかったのです。

 

 

 

何年か前のことです。

北海道旅行に行った時に

道東方面に行ったのです。

 

旅行の合間のスケジュールに

突然連絡を入れてお邪魔することになりました。

 

突然の訪問にも嫌な顔をせずに

2か所の大きくて広い広い放牧場に

四駆の大きな車で連れていってくださいました。

 

 

帰りには畑で採れたきゅうりを

たくさん分けてもらって

もうひとついただいたお味噌につけて

取れたて新鮮な「もろキュウ」をいただきました。

スポンサーリンク

信じられないくらい美味しかったのを覚えています。

 

 

 

そこであんずの詳しい行先を知ることができました。

 

 

Оさんの牧場は、癒し系の牧場で、

疲れやストレスのたまった馬たちを預かって

広い放牧地に昼夜放牧して元気にしてから返すことを

していると聞きました。

 

とても広い放牧地で、

どこにも馬がみあたらなかったのですが、

Оさんが何やら叫ぶと

遠くの方から馬たちが走ってきました。20頭はいたでしょうか。

圧倒されるくらいの馬たちでした。

 

そこではしっかりと馬の序列が出来上がっていて

群れのボスから人間に挨拶に来ました。

 

ワイルドの一言につきます。

ここの馬たちは、人間が大好きなようで、

僕たちのそばから離れようとはしなかったのです。

優しくされているんだなと感じました。

 

また、ここの牧場では

その他にミニチュア・ホースの

生産と育成を行っているようです。

子牛も2頭いました。

馬車も作っているそうで、

見せてもらいました。

 

大自然の中で伸び伸びと暮らしている

馬たちや、大らかな人々。

人間の大きさや強さをとても感じました。

 

 

 

 

馬を扱っている方には何人も

お会いする機会がありましたが、

 

Оさんは、その最初の頃に出会った

半端ではないビッグな方でした。

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. ガリコ より:

    素敵ですねー。

    馬喰さん。
    漢字からすると怖いような気がするけど。

    そこまでお馬ちゃん達に信頼されるって、凄いですねー。
    私もそんな風になりたいなあ。

    金曜日に夏休みを取ってクラブに行きました。
    だいちゃんとパレードの間の扇風機をスタッフがそうじしてたんです。
    最初私は気が付かなくて、「だいちゃん~!元気~!脚どうよー!」って言って扉開けたら、だいちゃんが出ようってしたからビックリして思わず閉めたんですね。

    だいちゃんの視線の先には脚立に乗ってホウキを使ってるスタッフが…。

    だいちゃん、大丈夫だよ。恐くないよ~。
    綺麗にしてくれたら涼しくなるから。

    と私はだいちゃんに話しました。

    その日はもう、だいちゃんとゆっくりする時間が無くて、あくる日です。

    「だいちゃん~!元気~!脚は~!おやつだよ~!」って扉開けてもムシです!

    「だいちゃん、どーした?具合悪いの?」
    ちょっと耳伏せてます。(ToT)

    一旦部屋から出ました。(ToT)

    女性のスタッフさんが「だいちゃんの扇風機直った?」

    私「扇風機?」

    スタッフ「昨日から潰れてて、朝みたらだいちゃんとパレードが汗だくだったの。」

    私はだいちゃんが、怖い思いをしていた事にも気が付いてあげれなくて、さらに「涼しくなるから。」と嘘っぱちを言ってしまった(ToT)

    だいちゃんが怒るのもムリはありませんよね。

    その日の夜になってもおやつは食べますが、口に入れた瞬間素っ気ない態度です(ToT)

    あくる日、「だいちゃん~!元気~!脚は~!」って言ってお部屋に入りました。
    耳は伏せていないから抱きしめて
    「まだ根に持ってるん?しつこいなぁ。だいちゃんって根に持つタイプなん?男はサッパリした方が好きやなあ。(*^^*)」

    ちょっとましになったかな?

    夕方、だいちゃんのお手入れが運良く回って来ました❗\(^o^)/

    虫除けシャンプーして、虫除け着せて。
    だいちゃんはお尻の回りも、耳の中もちゃんと拭かせてくれて(いつもは嫌がってムリ)
    お顔を私にスリスリってしてくれました。(*^^*)

    私「だいちゃん、本当に治って良かった。本当に心配したわ。だいちゃん良かった~!(ToT)」

    きっと、回りに居た人からは暑いのに馬に抱きついてって思われたかなあ。(*^^*)

    なんて言って良いのかわからないんですけど、とっても素敵なだいちゃんとの絆を感じました。(*^^*)

    だいちゃんはレッスンに復帰していて、頑張ってお仕事しています。\(^o^)/

    この夏最高の思い出になりそうです!

    • 母ちゃん より:

      ガリコさん!ステキ!ステキ!
      もう可愛すぎる!ガリコさんとダイチャンですよ(^^)
      ダイチャンすねてたなぁ(* ̄∇ ̄*)
      またそれが可愛いじゃないの!
      でも治って良かったね
      本当に良かった
      安心しました。
      これからもっともっとダイチャンとの絆深めていってください。
      ダイチャンの最高のパートナーになってください!

      母ちゃん

  2. どさんこP より:

    天真爛漫なダイチャンとガリコさんのやりとりが
    目に浮かぶようです。

    元気になって本当に良かったですね。
    ダイチャンはよく頑張ったね。

    体温が高くても、馬にすりすりする気持ち、分かります。
    ヨメは、暑くてもべったりくっついています。

  3. ガリコ より:

    父ちゃん、母ちゃん、
    わかって下さってありがとーございます!

    だいちゃんは基本的には人に甘えるタイプの馬ではないのです。
    ここからは、入れないよ。って心に扉があるみたいな。

    私もガリバーの事があって、心にブレーキかけていたかもしれません。

    とにかく大人しい、レッスンもテキトーに付き合ってくれる。人に対して絶対に嫌な事しない。だから、コアなファンが居るんでしょう。

    だいちゃんがこんなに甘えてくれた記憶がなくて。
    壁が無くなったというか、溝が埋まったというか、距離が縮まったというか。

    私といる時のだいちゃんの顔つきは違うよ。って良く言って貰えるんですけど、私は?って感じでした。

    フレグモになって、心配して、私のブレーキが外れたからかもしれませんね。

    やっぱり、お馬ちゃん達には
    『大好き~!心配してるよ~!いつも見てるよ~!あんたが一番だよ~!』
    って伝えなくてはいけないと思いました。

    だから、あんずちゃんは
    と~ってもしあわせな気分で毎日を過ごしていると思います。(*^^*)

    暑くても、大好き~!って抱きついてくれる母ちゃんがいるから\(^o^)/

    今思いましたが、
    父ちゃんはあんずちゃんに抱きつかないのでしょうか?
    今まで読んだ事がないような?

  4. どさんこP より:

    そう言われてみれば、あんまり抱き付いてないです。
    スキンシップはいっぱいしているつもりですが。

    もっと体当たりで接した方がいいですね。
    反省反省っと。(^_-)-☆

    それよりも語り合っている方が多いと思います。
    あんずもじっと聞いてくれているのです。

タイトルとURLをコピーしました