先日、乗馬クラブで、

場長さんのレッスンの時に聞いた話です。

byebye_boy

乗馬クラブの馬は、レッスンの時間が分かる、ということらしいのです。

午前中に3回、午後に3回のレッスンが、それぞれ45分間ずつある、

ということも知っているのだそうです。

 

下手な人が騎乗すると、45分間だけ「だらだらと」動いておけばいい。

などと、馬は考えるんだそうです。

まじめに動いても、だらだら動いても、45分間でレッスンが終了ですから。

8753753607_7f05a26b22

 

けれども、朝早くに行われる、会員さんが来る前のスタッフの前乗りは、

終了時間が分からないので、レッスン馬はみんなまじめに動くのだそうです。

 

 

僕たち会員にっとては、この「45分間」に

時間とお金をかけているので、がんばるのです。

 

そこに、馬と人の駆け引きというか、

双方の歩み寄りというのか、妥協というのかは分かりませんが、

やりとりがあるのです。

8727093696_3da6566a14

そもそも相手が生き物ですから、

お互いに気持ちよく楽しくできると良いのですが、

僕のレベルが、まだまだそこまでは・・・という状況なのであります。

 

 

曜日の感覚も、馬にはあるのだそうです。

僕の所属している乗馬クラブは、木曜日が休日なのです。

 

スタッフから聞いた話によると、

 

水曜日になると、馬たちは明日は休みということが分かるらしく、

なんだかレッスンに集中ができなくて、そわそわしてくるのだそうです。

 

人間と同じですね、「明日は休み!」となると、その前日はだらけてきますよね。

 

 

そして、毎回レッスン中に思うのですが、

レッスン馬には、正確な体内時計があって、「45分間」がどれだけか

よく分かっているようです。

 

残りの10分くらいになると、自分で勝手に走るのをやめたり

指示を無視して休みたがるそぶりを見せる強者がいます。

なめとんのか

 

レッスンの残りの5分間は、アスリートと同じように、

馬も肉体と精神をクールダウンさせるために、

ゆっくりと常歩をさせるのです。

 

ヨメは、いつもあんずに乗った最後は

なんと、抱きついているのです。

あんずにギュッ

 

いやあ、おそるべし、馬の体内時計。