これまで色々な経緯があって購入に至ってなかった「鞍」

やっと決着が付いたのです。

saddle

今日は、朝から装蹄師さんにも相談しました。

若手のインストラクターさんにも相談しました。

 

 

そしてついに、

ヨメがいつもお世話になっているインストラクターさんに

意を決して相談したのです。

「鞍を買おうと思うのですが・・・」

 

 

すると、親切にカタログを出して応対してくれて、

「買うとしたら、今乗っているのと同じHB社の総合鞍ですね。

ただ、ここ(このクラブ)で乗るのだったら、

うちのクラブの鞍で充分でないかと・・・

131さし絵スタジオ1

「障がいの鞍だったりすると、全然違うし、

スポンサーリンク

半分オーダーメードだし、乗りやすいですよ。

まあ、採寸して作っていますからね。目的にもよります」

 

「なんてったって、革製品なので、

使いこなすほど乗りやすいですよ。

なので、買うとすぐに乗りにくいと思うかも知れないです。」

 

「かえってウチの鞍の方がなじんでいるので、

乗りやすいと思うかも知れません。」

 

「高い買い物なので、『どうしても』というのなら、止めませんけど・・・。

う~ん、どうかな~。」

 

 

ヨメは即答しました。

「いりません!」

 

 

あんずを引き取るときには

クラブの鞍も一緒に引き取って、新しい鞍をプレゼントします!

 

なんて言って豪快に笑って「ちゃんちゃん」でした。

11さし絵スタジオ3

 

ということで、2年越しで検討してきた「鞍」の話は

「買わない」ということに決着したのです。

スポンサーリンク