扶助とは、騎手が馬とコミュニケートして、

馬に何をすべきかを伝える指示の体系(システム)です。

13さし絵スタジオ2

扶助は、基本的に「接触」という身体感覚による、

沈黙の言葉だと言うことができると思います。

 

 

何も知らずに乗馬クラブの会員登録をしていた頃は、

馬と接触して合図を出しているなんて、考えてもみたことがありませんでした。

 

 

馬のトレーニングが進むにつれて、

騎手が馬に送る指示も複雑で、微妙なものになっていきます。

 

 

でも、基本的な扶助は、シンプルなもの、

簡潔明瞭なものでなければならないのです。

102さし絵スタジオ1

そういう意味で、僕たちは簡単なメッセージを馬に伝えたいわけですから、難しいことを考えずに、いちばん基本となる扶助を確実に伝わるように練習するとよい、ということが理解出来ると思います。

 

 

できたらほめる。

できなかったら即座に再トライする。

 

 

そのために、正しい姿勢で乗ることが大切なんですね。

そして、ぶれないで乗ること。これが大事なことなんです。

 

 

 

僕の場合、あんまりほめていないような気がします。

ほめ上手になって、その気にさせて上手に動かすことができるといいなあ。

 

余裕を持って「ほおらやってみ!」とやらせてみる。

できなければ「もう一回やってみ!」と、再チャレンジ。

 

修正は最小限にピリッとできたらいいなあ。

 

 

扶助は、シンプルであることが一番ですね。

そして、簡潔明瞭な合図が求められているのですね。