最近のレッスンは推進扶助の練習です。

これがまた、しんどいのです。

 

というよりも、自分の体力が低下しているのを

痛感しているのであります。

 

20代よりも30代、40代よりも50代と

どんどん体力が下がっています。

0-100

 

たとえば、自分と同じ年代の方が

フルマラソンに参加されているのをみると、

リスペクトする以外に何も出来ません。

もう、尊敬のまなざしです。

 

 

 

推進扶助の練習は、

脚、踵、鞭を効果的に使って馬を推進させるのです。

スポンサーリンク

 

それも、常歩から始まって速歩や駈歩まで

しっかりと推進の扶助を指示するのです。

 

 

馬のエンジンの回転数を上げなければ

しっかりとした歩樣にはならないのです。

 

わかっちゃいるのですが、

これがなかなかできないので困ったものです。

 

しかも、息切れがしてくるのと

内股にある内転筋がつりそうになってくるのでした。

 

これでは乗り手が馬に対してリードを取ることができません。

基礎体力をつけなければ。

0-23

運動不足のおじさんは体力不足に悩むのでありました。

スポンサーリンク