ヨメは道産子のボクからみると、

関西人のノリでいつも楽しく「ボケとつっこみ」を

見せてくれて一緒にいて飽きることはないのです。

 

 

乗馬クラブでは、

馬装中や手入れの時なんかに

隣近所にいるスタッフさんや会員さんと

他愛もないことをよく話すのですが、

 

ヨメは家の中の恥ずかしいことを平気で話すのです。

0-25

 

 

 

 

乗馬から家へ戻ると、キュロットと上着などを

わが家では、毎回すぐに洗濯するのです。

 

全自動洗濯機の「おうちクリーニング」のモードで

洗濯するのですが、時によって洗濯の水量が

「大」であったり「中」であったりするのです。

洗濯物の量によって、使う水量も違うのです。

0-22

ウチの洗濯機の水分量は自動で洗濯機が選んで

調節してくれるのですが、いつも多めに選んで

「中」でよいところが「大」になっていることがよくあります。

 

それで、ヨメは節水対策のために水分量を

「中」にしてね、とよく言うのです。

スポンサーリンク

 

 

 

その時は、「中にしてね」と頼まれたらしいのですが

他のことを考えていたボクはなぜだか聞き間違えたらしいのです。

「チュウしてね」と言われたと勘違いしたボクは

なんか変だなと思いながらもヨメの顔の近くへ

ボクの顔を「チュウをする体勢で」近づいていったのです。

 

そしたら「ぺしっ!」と叩かれてしまいました。

そしてヨメが大笑いして「チュウじゃない!中!」

そう言って笑い転げています。

 

「中にしてね」と頼んだんだよ、だと。

ボクはてっきり「チュウ」かと・・・

0-55

 

 

そんな他愛もない失敗を洗い場で、

ヨメがスタッフさんにしているじゃないですか。

しかも、大爆笑です。

 

全くもう。

・・・といってもこうして書いていると

しゃれになりませんが、こんな感じの

恥ずかしい話を次から次に話しているのです。

 

 

ああ。それは言わないで欲しかった。

と思えるような失敗やなんかを

「話したよ!」と、平気な顔で言っているのです。

 

どうか、私生活のことには触れないで欲しいのです。

し、失敗が多い私生活なんですから。いやはや。

スポンサーリンク