ちょっとしたこと

この記事は約2分で読めます。

 

いつもヨメのことを待っているあんず。

001

 

今日も行ってきました。

あんずのところへ。

015

 

 

 

今日のヨメは久しぶりに

あんずと一緒に駈歩しました。

約4ヶ月ぶりです。

 

 

体は覚えているんですね。

楽しく走ることができました。

 

 

 

 

 

ヨメが来ている日、あんずは

いつもヨメのことを探しているようです。

020

 

嬉しいことに

最近は一緒にいる時間が

ちょっとだけ増えたのです。

 

 

 

 

030

 

会えない時はどうしているのだろう。

普段は何を考えているのだろう。

 

 

 

物静かにしている時のあんずは

哲学者のような目をするときがあります。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

馬の瞳には

人を引き付ける何かがあります。

 

そして、

人を癒やす力があります。

 

 

 

そんなあんずに惚れ込んだヨメは

今日も馬房掃除に励んでいます。

051

 

腰のリハビリにもなるんだとか。

コツコツと頑張っているようです。

 

元気になる「何か」があるようです。

スタッフの皆さんにも喜ばれています。

052

 

 

 

 

いつものように

僕たちが帰る時には

そっと置いてきます。

あんずも楽しみにしているみたいです。

037

馬房にいるときは

バレてしまいますが、

レッスンに出ているときは

レッスンが終わってからの楽しみに

なっているようです。

 

 

 

ちょっとしたことで

お互いの心を通わすことができるのです。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. ぽかぽか倶楽部 より:

    はじめまして。乗馬をご夫婦で楽しんでいらっしゃること,あんずちゃんという大切な馬の存在があることなどほほえましく読ませていただいています。特に今日の日記は,素敵でしたのでコメントをさせていただきました。
    あんずちゃんを愛しく思われている様子は,手に取るように分かります。おやつをそっと置いたり,馬房を綺麗にしたりとあんずちゃんを思えばこそのことと思います。
    実は私は馬好きが高じて6年前に馬を飼っています。お二人に負けないように可愛がってあげなくてはと思います。

    • どさんこP より:

      ぽかぽか倶楽部さんこんにちは。

      いつもご覧頂きありがとうございます。

      馬を大切に思う、同じ心を持った方と出会えてとてもうれしく思っています。
      馬を飼うとなると、喜びもたくさんありますが、大変なご苦労もいっぱいあると思います。これからも自馬を大切にされて、ますますのご活躍をお祈りしております。

タイトルとURLをコピーしました