「馬は何を考えているのだろうか。」

そういう疑問をいつも持っているのです。

1208094726g5e47q

時々ですけど

扶助にたまたま応えてくれた時には

「しょうがねーから言うこと聞いてやるよ!」

的な印象を受けることがあるのです。

 

なんか、

「とりあえず乗り手がうるさくて

しょうがないから言うこと聞いとくか…」

みたいな。

 

そんな感覚があります。

 

脚と鞭と拍車で交互に攻めるもんだから

しょうがなく、乗り手の言うことを聞く。

そういう状態になっているようです。

 

馬には悪い気もしますが

こちらの希望にそった動きをしてもらわないと

乗馬にならないのです。

 

なので、なんとか徐々に

こちらの希望する動きをしてもらえるよう

馬を動かしているのが現状です。

 

0-70

テレビで時々

動物の言葉がわかるという超能力者がでてきます。

馬の気持ちをぜひとも聞いてみたいものです。

スポンサーリンク

 

その番組を観る度にヨメは

「あんずは私のこと好きかなあ」

と、つぶやいているのです。

 

いつも「大丈夫、誰が見ても好きに違いない!」

とヨメに伝えると、

安心するみたいです。

 

考えてみると

ヨメとあんずの間にはいろんなことがありました。

 

あんずに会えるようになってからは

いつもたっぷりと愛情を注いでいるので

あんずにも伝わっているはずです。

019

あんずの馬房にヨメが近づくと

ヨメの足音があんずには分かるらしく

そちらの方へ顔を向けます。

 

これも確認済みなので間違いありません。

 

いっぱい愛情を注いだ分、

しっかり扶助に応えてくれるあんずがいます。

 

ヨメがあんずに騎乗しているときには

あんずはとても嬉しそうにしています。

 

理想の形をヨメが実現しています。

うらやましい、というよりも

ほほえましいと思えてきます。

 

ヨメのように、

もう少し愛情のあふれる

そんな接し方ができるようになればと

考えています。

 

最近、気にかかるようになってきた

Оちゃんにも愛情を示すことができればと

考えています。

スポンサーリンク