馬に愛情を注ぐこと

この記事は約2分で読めます。

 

 

「馬は何を考えているのだろうか。」

そういう疑問をいつも持っているのです。

1208094726g5e47q

時々ですけど

扶助にたまたま応えてくれた時には

「しょうがねーから言うこと聞いてやるよ!」

的な印象を受けることがあるのです。

 

なんか、

「とりあえず乗り手がうるさくて

しょうがないから言うこと聞いとくか…」

みたいな。

 

そんな感覚があります。

 

脚と鞭と拍車で交互に攻めるもんだから

しょうがなく、乗り手の言うことを聞く。

そういう状態になっているようです。

 

馬には悪い気もしますが

こちらの希望にそった動きをしてもらわないと

乗馬にならないのです。

 

なので、なんとか徐々に

こちらの希望する動きをしてもらえるよう

馬を動かしているのが現状です。

 

0-70

テレビで時々

動物の言葉がわかるという超能力者がでてきます。

馬の気持ちをぜひとも聞いてみたいものです。

スポンサーリンク

 

その番組を観る度にヨメは

「あんずは私のこと好きかなあ」

と、つぶやいているのです。

 

いつも「大丈夫、誰が見ても好きに違いない!」

とヨメに伝えると、

安心するみたいです。

 

考えてみると

ヨメとあんずの間にはいろんなことがありました。

 

あんずに会えるようになってからは

いつもたっぷりと愛情を注いでいるので

あんずにも伝わっているはずです。

019

あんずの馬房にヨメが近づくと

ヨメの足音があんずには分かるらしく

そちらの方へ顔を向けます。

 

これも確認済みなので間違いありません。

 

いっぱい愛情を注いだ分、

しっかり扶助に応えてくれるあんずがいます。

 

ヨメがあんずに騎乗しているときには

あんずはとても嬉しそうにしています。

 

理想の形をヨメが実現しています。

うらやましい、というよりも

ほほえましいと思えてきます。

 

ヨメのように、

もう少し愛情のあふれる

そんな接し方ができるようになればと

考えています。

 

最近、気にかかるようになってきた

Оちゃんにも愛情を示すことができればと

考えています。

スポンサーリンク

コメント

  1. ガリコ より:

    おはよーございます!

    父ちゃん、大丈夫です\(^o^)/
    Oちゃんに気持ちが伝わる日が必ず来ます!

    馬には嘘つけないと言うか、ちょっとした気持ちの微妙な感じを感じるのかなと感じ、反省しています。(変な文章(((^_^;))

    だいちゃんがフレグモになって、頭が真っ白になって、泣いて、強くならなきゃって覚悟して、だいちゃんが居なくなったら(ToT)

    ガリバーとのお別れが辛すぎたせいもあったんだと思いますが、「だいちゃん、大好き」って気持ちにちょっとブレーキかけていたのかも知れません。

    それがフレグモでブレーキが無くなって、だいちゃんに私の心配する気持ちが、大切に思っている気持ちが伝わったのかも知れないです。

    だいちゃんはお手入れの時、絶対に尻尾は上げてくれないんです!
    だいちゃん「誰にも触らせないぞ!」

    それがあの時から、自分から上げて
    だいちゃん「早くここも洗ってよー」
    ってしてくれる様になりました。

    だいちゃんと私、やっと二人して素直になれたのかしら?

    私にしかしない我が儘な姿が、更にいとおしく
    て仕方ありません。(ToT)

    だから、父ちゃんとOちゃんも
    父ちゃんの気持ちのままの関係が築けます!
    きっと\(^o^)/

    ちなみにだいちゃんはレッスンは厳しいんだけどねー。

    でも、良いんです!\(^o^)/
    だいちゃんがずーっと私を背中に乗せてくれている時間があれば私はと~っても幸せなんですもん\(^o^)/

  2. どさんこP より:

    動物、特にに馬は心を映す鏡のような存在なのかも知れないですね。自分の意思を超えて感情は伝わっているように思います。

    そう考えると気持ちが楽になります。

    そういえば、最近、少しずつですが馬と意思の疎通ができるようになった。と感じる時があります。まあ、ほんの一瞬ですが…

    もっと仲良くなれるようにしたいものです。

    ちなみにОちゃんもレッスンは厳しいです。なんでだろー

    馬に感謝して騎乗することも大切ですね。見習います。

タイトルとURLをコピーしました