やっぱり蹄鉄は幸運を運ぶもの

この記事は約3分で読めます。

 

今から10年ほど昔の話です。

 

ツアーで行く北海道旅行で、

たまたま一緒になったのが今のヨメさんなのです。

 

そのツアー中に、参加者同士が知り合いになって

盛り上がることは、よくあることだと思うのです。

 

その盛り上がった何人かの中のひとりがヨメさんなのです。

 

 

そして、盛り上がってヨメに心を引かれた場所が、

今はなき『日高ケンタッキーファーム』だったのです。

hidakaログハウスキャプチャ

 

そのツアーから戻った後に、ヨメと連絡を取り合って

何度か会っているうちに、この人しかいない!

と、思うようになって一緒になりました。

 

 

 

この日高ケンタッキーファームに、

当時いたのが2歳のあんずちゃんなのです。

あんずweb用

出会ってから毎年、北海道へ旅行に行って、

あんずに会いに行くのを楽しみにしていました。

 

もう今年で12歳になりました

 

 

 

今は毎週リンゴを持っていくのですが、

2回連続でリンゴを忘れて、

スポンサーリンク

ニンジンだけしか持って行かなかったのです。

 

ちょっとご立腹ぎみに見えたあんずですが、

先日、リンゴを持っていくと、

美味しそうに、

そしていつもよりもゆっくりとリンゴを食べていました。

 

 

 

 

10年前に、当時の日高ケンタッキーファームの

売店で買ったのが、この幸運の蹄鉄なんですね。

DSC00004(1)

 

よくよく考えてみると、

本当に多くの幸運をつかむことができました。

 

 

嫁さんと巡り会えることになった幸運。

そして、あんずとも巡り会えることになった幸運。

 

一時はあんずの消息が分からなくなってしまったのに、

奇跡的に再会することが出来た幸運。

 

乗馬という素晴らしいスポーツを始めることが出来た幸運。

 

 

などなど。

数えると、きりがないくらいの多くの幸運に

巡り会うことが出来ています。

 

 

この蹄鉄、

今は車のダッシュボードの上に飾っています。

 

最近は悲惨な事故が多く報道されています。

安全運転で、無事に目的地へ着くことが

今、一番大切なことだと思っています。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. とろみ より:

    どさんこPさん、初めて訪問させていただきました。
    訪問のきっかけはケンタッキーファームです。私にとっても毎年訪れていた思い出の場所でした。タイキブリザードにも会っていました。
    ファームの馬たちがどうなったのか心配で、ファームで出会った乗馬の楽しさを教えて下さった方に聞いたところ、一頭も処分することなく移転先が決まったんだよ、と教えてもらい、安堵してのを覚えています。
    私は今ではほとんど乗馬はしていないのですが、どさんこPさんのお話で、また初めてみたいなと思うことができました。
    あんずちゃんと再会できて、本当によかったですね。感動で涙が出そうになりました。また、楽しみに訪問させていただきますね。
    ありがとうございました!

    • どさんこP より:

      とろみさん。こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。
      思い出の場所が同じで、とても嬉しく思っています。あそこへ行くと、落ち着くんですよね~。ブリちゃんは今鹿児島県の霧島ホーストラストにいますよ。

      乗馬は楽しいですよ。きついと感じる時もありますが、色々なことを馬から教えられます。

      あんずとの出会いは、本当に奇跡としか思えないのです。でも、実際に目の前にあんずが元気でいてくれるのが、本当に嬉しいです。

      また、ケンタッキーファームのことで、ご存じのことが有れば、教えてくださいませ。よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました