あんずの馬着も年季が入ってきました。

そんな中、破れが出てきたので持ち帰って修理しました。

あ、修理はヨメがしました。ボクは見守るだけ(笑)

その後で補修用のシールとワッペンで仕上げました。

今回は馬着の補修についてお伝えします。

スポンサーリンク

馬着の洗濯と張り付いた被毛を取る!

まず最初に、馬着をキレイにしてからの補修です。

最初は洗濯ですね。

 

最近知ったのですが、町中のコインランドリーで馬着を洗濯すると怒られるみたいです。

そんな情報がクラブのスタッフからありました。

どなたか怒られたのでしょうか?

 

なんと、馬産地の日高には『馬着OKのコインランドリー』がありました!

さすが馬産地!

<出典:グーグル・マップ>

馬着の洗濯は、通常クラブの大きな洗濯機でキレイにしているのです。
ただ、馬着の表面に付いてしまう被毛がなかなか取り切れないんです。

今回は洗濯後の馬着を家に持ち帰って、この被毛をキレイにしてみました。

★洗ってもなかなか取り切れない馬着の被毛の取り方

手順は次の通り

1,コロコロで大まかな被毛を取る

2,荷造り用の布テープで取る
→10センチほどに切って筒状にし、ピースサインの伸ばした2本指に巻き付け、1本1本狙って取る

3,仕上げにコロコロで取る

と、ありきたりな方法ですが、確実にキレイになりました。

時間がかかるのが残念ですが、キレイになるためにはしっかり取り切ることですね。

大切な馬のためには苦労も苦労とは思わないのがキモ!

 

キレイになったところで、次はL字型に破れた箇所の補修です。

 

破れ箇所の補修

馬着の表側は約20センチの一文字に破けて、裏側はL字型におおきく破れていました。

今回はこちらの手直しです。

裏面のL字型の破れはなんとか補修できました。

次に表面の破れた部分に補強のアイロンバッチです。

なんとか可愛くできました。

ついでに名前とドキンちゃんも少しはがれてきたので直しました。

 

ヨメが言うには、あんずはちょいワルな性格なので、ドキンちゃんが似合うって!

御意!っす。


スポンサーリンク

洗い替え用の馬着をプレゼントした!

あんずに似合いそうな、かわいい馬着をヨメが発見しました。

それがこちら!

クリスマスをちょっとだけ思い出しそうですが、とても似合っています。

いつものプリントがこちら!

バレリーナシリーズです。

後ろから見るとこんな感じになります。

この馬着を着せたのが、最終レッスン直後のお手入れが終わった時でした。
あんずは夕食のことばかり考えていたみたいで、色気よりも食い気が勝っていました。

 

まとめ

世界中で猛威を振るっているウイルスが、町外れの小さな乗馬クラブにまで来ませんように。

そんな都合のいいことを願うばかりです。

 

先日のレッスンの時にヨメがぽつんとつぶやいていました。

「ここだけはマスクがなくてもみんな笑顔でいられる!」って。

よかったらこちらのサイトもご覧ください。

なんと、馬が「馬着」を作っている会社があったのです!

あんずにカタログを見せて馬着を選んでもらったのです

見落としがちですが、馬着って大事ですよね。

馬着のクリスマスプレゼント

馬着をプレゼントしました

暖冬なので少しだけ馬の体調が心配な件

あんずのところにもサンタが来た!

アイルランドには役者さんの馬がいた!しかも性格が超優しいのです!

スポンサーリンク