ブエナビスタが教えてくれたこと

みなさんご存知かどうかわかりませんが、馬は泣いたり笑ったりするんですよ。

049


僕は人間の出している感情を、馬は察知する能力があると思うのです。

そうでなければオリンピック競技で馬術は無理だと思いませんか?

 

 

一昨年のクリスマス、有馬記念を最後に引退した名牝のブエナビスタ

レース直後の引退式に涙を流していました。

全国に放映されていましたので、ご覧になった方も多いのではないかと思います。

これを見たヨメも僕も大泣きしていました。

d2ff86c61b8d.jpg

本当は今年の1月にに子供が生まれていたはずでした。

残念なことに、昨年流産していたということでした(泣)。

 

牝馬では日本一稼いだ馬で、15億円近く稼いだということです。

それでまた、なんでブエナビスタなのか、というと、

 

お世話になっている乗馬クラブで

どういうわけか、ブエナビスタと関わりのあったスタッフがいたのです。

 

 

 

 

乗馬クラブでは、馬に乗る前後には水分を与えたり、グルーミングしながら

その日の馬の状況を調べ、体調点検をするわけです。

車でいうと、始業点検と終業点検ですね。

013659

乗馬クラブのスタッフとは、いつも他愛のない話をしながらグルーミングするのです。

そこで、あるスタッフや会員さんから失敗談から哲学など

深イイ話が出てくるのです。

 

彼が言うことには、牧場実習で名のある牧場へ行ったところ、

なんと本物のブエナビスタのグルーミングをすることになったということですが、

お金のかかっている馬だけに、

なんと20人以上の人が、彼の作業を見守っていた、ということなんです。

へたこくんじゃねーよ! ということなんでしょうね。

ブエ2

彼は「ちょーあせりました。」と言ってました。

 

深イイ話ではなく、深あせった話でしたね。

 

                     画:どさんこP でした

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール



僕が50歳になり、ヨメと一緒に乗馬を始めました

愛馬と一緒のセカンドライフを目指しています

病気やケガもありましたが、夫婦2人で楽しんでいます

色々あったことや、考えたことをつづります

お勧めの一冊!

おすすめです

このページの先頭へ