今この国にいる馬たちは、人が乗らなかったら生きていく道がないの。乗る人の人口が多くなればなるだけ、馬も生きていけるようになる。死ななくて済む馬が一頭でも増える。

直木賞作家の村山由佳さんの筆による感動の一冊を紹介します。

 

2013年 講談社刊『天翔る(あまかける)』

この本を見つけたのが、

なにをかくそうヨメなのです。

 

図書館で借りる本を「乗馬 北海道」などで検索して

見つけた本です。

 

 

 

 

わけありで不登校だった女の子が

ひょんなことから、

ある乗馬クラブに通うことになったのです。

 

そこの個性的な牧場経営者、

そして、牧場に関係する人々との関わりを通して

成長していく様子を描いた物語です。

 

 

 

特に、乗馬が上達する様子や、

「馬と人」、「人と人」の

心の関わりが自然に描かれており、

何度も涙が出てくる内容でした。

 

 

 

特記すべきことは、登場するひとりひとりが、

大切なものを失って傷ついたままでいます。

 

 

 

ボクは馬を通して

傷が傷跡になっていくように思うのです。

馬と人とが、光へ向かってひたむきに歩むことによって。

 

 

 

 

種明かしをするつもりはありませんが、

この作品で作者が一番言いたかったことは

次のことだと思うのです。(以下引用)

 

「今この国にいる馬たちは、人が乗らなかったら生きていく道がないの。乗る人の人口が多くなればなるだけ、馬も生きていけるようになる。死ななくて済む馬が一頭でも増える。」

 

 

ボクはこのことには激しく同意します。

 

僕たちが住んでいるこの国の、馬を取り巻く状況は

とても厳しいものがあるのは皆さんもご存じだと思います。

 

 

そこを作者は力を込めて強調したかったのだと思うのです。

 

rider-horseback-widely-recognized-as-cowboy-not-cow-29998376

スポンサーリンク

 

 

馬を愛する人がひとりでも増えますように。

乗馬を楽しむ人がひとりでも増えますように。

天寿を全うする馬が一頭でも増えますように。

 

 

このような思いに共感できる、とても良い本です。

 

 

 

 

 

さらにもっと言うと、上の引用の『馬』を『人』に、

『乗る』を『関わる』に置き換えてみると、

もっと深い意味があるように思えてならないのです。

 

「今この国にいる人たちは、人が関わらなかったら生きていく道がないの。関わる人の人口が多くなればなるだけ、人も生きていけるようになる。死ななくて済む人が一人でも増える。」

 

というように、馬だけではなく、

人と人との関わりの大切さを教えているように思うのです。

 

深読みと言われるかも知れませんが、

こう読まずにはいられないのです。

 

 

私たちが持っている、心の傷とどう向き合うのか。

答えなど無いのかも知れませんが、

人を通して示されることがあります。

馬を通して示されることがあります。

 

 

何かを感じることができる一冊です。

スポンサーリンク