1105215505QQpf5e

今、乗馬で取り組んでいることは、

まっすぐ歩かせること なんです。

これが上手くいかないのです。

 

インストラクターによると、人を乗せて歩いている時に、

「馬は左右どちらかにヨレるくせがある」のだそうです。

 

僕の目下の課題はヨレさせない扶助(ふじょ)を与えることです。

前肢はどうでも、後肢に注意するように。とのことなんです。

 

ここ3か月の間、ずっと修正しているのですが、なかなかうまくいきません。

右にヨレたら左の脚扶助、左はその反対。

まっすぐに歩かせるのは、とても難しいのです。

121423714512yu98

 

「馬は同じことを続けると、飽きる」のもクセのようです。

巻乗りや、正反動、手前変換など、変化をつけるように指示されています。

そして、しっかりと鐙(あぶみ)に乗ってコントロールするように。とのことなんです。

 

これがまた、うまくいかずに四苦八苦しているところです。

 

 

 

025

さっき、ヨメとミーティング(反省会)をしたところ、

ヨメは、僕がてこずっている部分は、

昔からなんなくクリアしていたようで、

衝撃的ダメージを120受けた(RPG風)。

 

ヨメによると、

「あたしは、あと7年しかないからね!」

だと。\(@_@;) /

あ、あと7年とは、2020年東京オリンピックまでです。 

   ゆーよねー!

 

 

僕の運動の傾向として、ひとつのことを実行しながら

さらに、もうひとつのことに注意を払うと、

最初にやっていたことがおろそかになるのです。

 

簡単に言うと、ひとつのことしか注意して「できない」ということです。はい。

いのしし歳の悲しいサガか、猪突猛進なのです。(´・ω・`) \

GUM15_CL02381

 

 

馬を前にだけしか逃げられないように歩かせると、

けっこう早い速歩が出るようになるのですが、これがまた続かないのです。

 

今日の2人ミーティングで気づいたのですが、

僕には「楽しむ」という姿勢が足りないみたいです。はい。

 

もっと馬をホメたり、喜ばしたりしないといけませんね。

「馬はホメられると調子に乗る」というクセがあるのを忘れていました。

 

犬や猫をしつける時など、遊びながらホメつつ育てる方法が

とても良い効果を生み出しているのと同じようです。

 

いつも、ホメられることがないので、

これは、ホメられたもんじゃないです。

なんだかわからない文章になり、すみませんm(__)m

つかれたべさ