先週の日曜日

ヨメと2人でのんびり競馬中継を見ていると

テレビの前で応援

東京競馬第10レース

銀嶺ステークスに

アンズチャンが出走していました。

 

 

アンズチャン2キャプチャ

 

 

1年前は三浦皇成ジョッキーで

3番人気で6着だったので、

雪辱戦です。

 

ジョッキーは前々走おしかった

中年の星『横山典弘』ジョッキーです。

ボクも中年なので年配ジョッキーは

積極的に応援です(笑)

 

 

スタートはいつも通り無理をせずに

第3コーナーまで後方待機で

これは届かないかも知れないと思いつつ

あれよあれよという間に

ゴール直前で先頭に躍り出たのです。

 

夫婦そろってテレビの前で

大声で応援したのなんのって。

2テレビの前で応援

やっぱりアンズチャンは

後方からの豪快なまくりが似合います。

スポンサーリンク

 

ノリさんのレース後のコメントが次のようにありました。

「今回は2回目の騎乗ですからね。ペースうんぬんより、いかに気分良く走らせるかが鍵でしたけど、うまくいきました。」

 

やっぱり気分良く馬に走ってもらうことが大切なんですね。

 

 

 

 

 

さてさて、ヨメの愛馬の「あんず」は

ヨメが騎乗している時、

いつも気分良さそうに走っています。

 

いつも騎乗する時間が

ボクの騎乗する時間と同じなんですが

 

ボクが馬に首を振られて四苦八苦している時に

ヨメもあんずも、いつも涼しそうな顔で駈けています。

 

 

気分良く前に進んでほしいものです。本当に。

ちょうど今、ボクの乗馬の目標が

【馬に気分良く前へ進んでもらうこと】なんです。

これができれば超楽しい乗馬なんですが、

これがなかなか。

 

 

たぶんノリさんはアンズチャンに乗っていて

楽しくてしょうがなかったと思うのです。

と言っても1分23秒と少しですが。

 

 

 

ヨメもあんずにいつも乗っていて

楽しい楽しいと言います。

 

 

 

とにかく今は馬に向かって

「おまえはやればできる子なんだから頼むよ!」

と、励ましながら

「前に進んでよね!」

と孤軍奮闘しているおじさんなのです。

 

他の人が騎乗すると、

結構動いているみたいなんですが

 

ボクが乗るとあんまり動いてくれないんです。

頼むよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク