今からもうウン十年も前の学生の時、

ボクは男子の学生寮に住んでいたので、

当然何かにつけ、宴会がありました。

 

順番に歌ったり、芸をしたりをさせられるのですが、

いつも「鳥の詩(とりのうた)」を歌う先輩がいました。

 

またこれが、感情がこもっていて、

特別に上手というわけではないのですが、

いつも聞く度に感動してしまうのでした。

鳥の詩

 

この歌を作った方の鳥に対する心がとても温かく、

また、歌っている人も心がとても温かく、

聞く人に「何か」を伝える力があるのだと思いました。

 

 

 

鳥に向かって

自分の思いを歌っているように思うのですが、

鳥に対する、本当に深い深い思いやりを感じるのです。

 

 

 

 

動物に対する思いやりは個人によって違うのは当然です。

また、得手不得手があると思います。

 

 

ウチの場合は、次のようなことがありました。

 

仲良くしていた、ある動物と別れ別れになってしまい

スポンサーリンク

行方が全く分からなくなって

悲しみにうちひしがれていたのですが、

数年後に、偶然が重なって、その動物の居場所が判明し、

再会することが出来たのです。

 

 

 

「ペットロス」というという言葉があるように、

最愛の動物との関係は、人生を変えてしまうのです。

 

まして、永遠の別れだとばかり思っていたのが

そうではなく、元気に生きていてくれて、

しかも、自分の住んでいる近くにいた!

という奇跡のような現実があったのです。

P1070098

 

そんなことがあって

この「鳥の詩」を聞くと、特別な感情がわき上がってきます。

 

とてもとても幸いなことだと思うのです。

 

詩があまりにも良くて、解説は不要ですよね。

懐かしい純粋な心を忘れないようにしなければ、

と、強く思っています。

 

 

 

スポンサーリンク