あんずとヨメの関係が微妙なのです!

レッスンでの主従関係が今まではあんずが上だったのが、ヨメが主導権をにぎるところにきています。

馬から降りている時には、どれだけ愛情を注いでも問題ないのですが、騎乗中は違うのです。

ここがポイントですが、今が正念場のヨメです。

スポンサーリンク

主従関係をはっきりさせる重要性

ぼくたちが通っている乗馬クラブの方針は、騎乗中でない時には馬をどれだけかわいがっても全く問題がありません。

ところが騎乗中は別で、馬と乗り手はしっかりと主従関係を分けなけれればいけないのです。

というのも、これは乗馬の基本なんですね。

乗馬の時には、馬は人の言うことを聞かなければなりません。

そうでなければ、ハミ受けはもとより安全な乗馬などできるわけがありません。

あまり大きな声では言えませんが、以前のヨメはインストラクターが鞭の指示を出しても「イヤです!」と言って、あんずへの鞭を拒否していたのです!

ヨメヨメ

嫌です!

そんな時代もあったのですが、今はしっかりと主従関係をはっきりさせるための騎乗を日々繰り返しています。

甘えん坊のあんず

幼い時に甘やかされて育ったのか分かりませんが、あんずはかなりのワガママな性格です。

この部分はヨメに似たと思うですが、これを言うとボクは

ヨメヨメ

テメー何いってんだよ!

と言われるに違いないのです。

どこの家でもヨメが強いと思うのですが、ウチは特別にヨメが強いのです!

あんずあんず

知ってるよ!

馬はそれぞれカラダの特徴があります

あんずはカラダのフレームが右にヨレる傾向があるのです。

スポンサーリンク

馬の習性として、人を乗せていても馬は自分の楽なポジションをキープしようとします。

この部分を「違うよ!」と教えて修正しなければ素直にハミ受けが出来ないのです。

修正することは、調教することになるのですが、この伝え方が微妙なところなのです。はい。

ヨメはかなり上手な乗り手なのですが、実はこっそり家でのトレーニングがあったのです。

ボクに馬乗りになって「騎座はこうやるんだろ!」と言って試したりします。
別の時には、ボクに馬乗りの状態で鞭の使い方を「こうだろ!間違ってる?」などと実験するのです。

人には言えない乗馬の苦労がボクにもあるのです。皆さんはいかがですか?

あ、やっぱり。ウチだけですね・・・

ボクがいつも乗っている馬も「左にヨレるクセ」があって、自分の楽なフレームへと逃げる傾向があるのです。

馬房や洗い場にいる時にはとてもおとなしくてかわいいのですが、馬場に出ると意外に頑固ちゃんなのです。

それでもいろんなやり取りを繰り返して意思の疎通ができるようにコンタクトを取るのです。

最近はこの作業がとても楽しく感じることが出来るようになったので、いつも笑顔で騎乗が出来るようになったかなと思っています。

目標が大事ですよね

ヨメもボクも、本当に楽しい馬とのやり取りが出来るように特訓中ですが、次の着地地点が見えてきているのです。

乗馬を初めて間もない頃は、初心者なので先が見えない時間がたくさんあって難儀しました。
でも、経験を積んてくると、ある程度先が見えてきます。

設定した目標やゴールラインに向かって進む楽しさも増えてくるのです。

ライセンスを目標にしたり、経路を覚えたり、色々目標をつくることができますよね。

そんな中でもたまに感じるのが、やっぱり馬も「その日によってコンディションが違う」ということです。

特に中間種。中でも牝馬は日によって気分が違うのです。ご機嫌ナナメな時があったり、素直でびっくりの時もあったり日替わりで状況が違うのです。

初めてこの違いを体験した時には本当にびっくりしました。

馬には毎回びっくりさせられたり、笑わせてもらったりすることが多いですよね。

そんな付き合いをこれからもたくさん続けて行きたいと思っています。

乗馬は本当に楽しくて奥が深いですよ!

スポンサーリンク