以前、「もしも世界が100人の村だったなら

というお話がありましたね。

なぜか思い出したのです。

 

有名な話なので、ご存じの方も多いと思います。

009

 

もし自分がその中のひとりだったとしても

やっぱり馬に乗っていたいし、

馬と共に生きていたいと思うのです。

 

 

また、「木を植えた男」という本もありました。

『明日、世界の終わりが来るとしても、

自分は木を植えるだろう』という言葉が印象に残っています。

028

 

明日、世界の終わりが来るとしても

自分は馬に乗りたいと思うのです。

 

 

 

でも、ボクが馬に対する気持よりも

スポンサーリンク

ヨメがあんずに対する気持の方が

より強いと思うのです。どう考えても。

 

 

 

あんずとヨメが、強い絆で結ばれているのは

皆さんもご存じだと思うのです。

 

 

 

これから先、

まだまだ色々なことがあると思うのですが、

夢に向かって歩み続けて行こうと考えています。

 

 

 

 

夢と言えば、最近興味があるのが

大きな声では言えないのですが、『WIN5』です。

最高6億円になりました。当たらないかなあ。

1397425_601655186558311_1592060672_o

と言っても、買ってないので当たるわけがないのですが。

 

6億円当てて、牧場を買うぞ!

あ、1億円でいいです。

それよりも、1000万円でもいいです。

少しでもいいです。

どうか当たりますように。 

 

馬貧乏のボクの夢は、どんどんふくらむのでした。

 

スポンサーリンク