初めて馬にふれる子どもから大人まで、とても分かりやすく解説している本があるのです!

乗馬を初めて何年経ったとしても、読み返したくなる一冊なのです。

難しいことは一切書いてありません。ただ、馬の気持ちを教えてくれるだけなのです。

ところが、これがよく分かるのです。心にささるのです。説得力があります。

これ以上分かりやすい乗馬に関する本は、もう出てこないと思えるほどしっくりきます!

ぜひご一読をおすすめします。

スポンサーリンク

<アメリカで最も親しまれているロングセラーです!>

<永久のベーシック乗馬メソッドがぎっしりです!>

 

実際に本を手にしてほしいので秘密にしていたいのですが、本文中にあるイラストがメチャクチャかわいいのです!

気分転換になんとなくこの本を眺めているだけでも、相当に「癒やされる」ことは間違いありません。

日本の乗馬人口が約10万人ほどなので、一般書籍よりも発行部数が少なくてマニア向けという理由から「価格設定」が少しだけ高いのですが、これはマイナーな分野なのでしょうがないのです。

今のうちに手に入れておかなければ、在庫がなくなった時点で廃版になる可能性があるのです。

でも、全世界で売れ続けているという実績から考えると、ロングセラーの一冊なのでたぶん大丈夫でしょう。と願っています。

そんな背景がある書籍なのですね。あなたもどうか詳細を見てくださいね。

 

なんと、この本は、馬が主人公です。

「ボクは馬なので、当然、馬のようにふるまいます。」と、

読者に語りかけます。もうびっくり仰天!

 

 

目から鱗が落ちるとは、このことです。

 

 

乗馬に関する本を何冊も読みましたが、

この本が一番分かりやすく、簡単に実行できます。

 

 

さらに、イラストがたくさんたくさんあって、

分かりやすく、何がどう大切なのかがよく理解出来ます。

一度、ご覧になってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク