皆さんは、馬に乗っている時は、どんなことを考えているでしょうか?

121423714512yu98

僕は、自分の調子と馬の調子がどうなのか、

ペアの調子はどうなのか、など、馬に乗ってすぐに色々なことを考えます。

折り合いがつくように、全力を注ぐわけですが、

馬がワガママをしてなかなか言うことを聞いてくれないときは

「無駄な抵抗はやめろ!」ということを伝えなければなりません。

 

ヨメは、あんずの気分や体調を気にしているそうです。

しんどくないのかな?などと考えるのだそうです。

 

 

 

 

最初のコンタクトが、うまくいったりすることはめったにありませんが、

この時は、お互いの意思の疎通が一番大事なことだと思うのです。

 

自分が馬のことを、「なんか今日は変だな。」

と、考えると、これはすぐに馬に伝わると思うのです。

 

 

ヨメは、あんずの機嫌が良いな、ということや、

調子が良いな、今日は走りたいんだな、ということや

なんだか今日は走るのが面倒だな、と思っていることが分かるんだそうです。

 

しかも、自分が乗っている時だけではなく、他人があんずに乗っている時も

このことがよく分かるのだそうです。

 

 

そう言えば、いつもそんなことを僕に伝えてくれています。

だから、これは当たっていると思うのです。

015

 

 

レッスンも後半になると、インストラクターのアドバイスも佳境に入ります。

いやもう、厳しいですよ。最近は。

 

正直、自分の体力と反比例に思うのです。

体力が衰えれば衰えるほど、厳しさを感じるのです。

 

乗馬を始めた頃は、乗馬は楽ちんで、年取ってからも続けられる

楽勝なスポーツなんだよな。 な~んて考えていました。

これは、完全な誤りでした。というか、誤算でした。

 

皆さん、乗馬は体育会系です。決して楽なスポーツではありません。

僕はいつも汗だくで、くたくたになっています。

 

ヨメは、とにかく、あんずと一緒に、

二人だけの時間なので、とにかく嬉しくて楽しいのだそうです。

 

この瞬間に、あんずと同じことをしていられる、これが一番だということです。

もう完全に二人の世界ですね。人馬一体です。まさに。

025

 

 

 

 

レッスンが終わり、馬具の片付けや手入れをしていると、

スタッフの方がいつも質問してくるのです。

「今日はどうでした?」

 

僕はいつもこう答えます。

「馬は賢かったです。でも、僕はバテバテでした。」

「それに、馬はいつでも上手です。僕はいつでも下手です。

 馬がいろんなことを教えてくれます。」

 

 

ヨメにも毎回スタッフが尋ねます。

「今日はどうでした?」

「今日もあんずはかわいかったです!」