乗馬は楽しい。

なぜかというと、感情が豊かで体が温かい馬と一緒に行動する。というところがいい。

 

1165250258csfRoS

 

僕たち夫婦にはこどもがいないので、

自分のこどもに対するように接しているのかもしれない。

 

 

たとえば、まっすぐに歩いてくれないときなんかは

もうちょっとしっかり歩いてね!しっかり!

と、励ます。

 

 

それができたら、

「よ~しようし!よおくできた。えらいえらい!」

と言いながらたてがみをなでたり、首筋をポンポン軽くたたいてほめてやる。

1339603441biw3jI

 

馬が上手にできたら自分もうれしくなる。

指示に従ってくれたらどんどんほめてやる。

できなければ、もう一回やってみ!

というような、親心でいればますます楽しい。

 

 

お互いに感情を持っている者同士だから、思いやりがないのはすぐにばれる。

 

 

こどもとにているな、と思うのは、

どこまで悪さしたら、許してくれるのかを試してくるところなんか、そっくりだ。

1208094726g5e47q

 

とっても素直で従順な馬もたまにはいるが、どの馬も個性があって面白い。

お互いに、生きているし、意思の疎通ができたりできなかったり。

 

 

本当は、馬から教わることが多いのだ。

自分が不安な気持ちでいると、必ず馬に伝わるのだ。

逆に、自分が調子がいいと、馬も反応が良いのだ。

 

 

これだから毎回たくさんの発見がある。

毎回乗馬のレッスンが終わると

その日のうちに騎乗日誌をつけている。

もう4冊目だ。

 

 

発見がいっぱい記された、僕の宝物になっている。

自分のこころが鏡のように映されるような、そんな反応が返ってくると、

馬の瞳はいつもよりもとても澄んだものに見えてくるのだ。

 

 

やっぱり馬が好きだ。