最近のマイブームではないですが、

騎乗するときに、いつも心がけているのが

「内股にする」ということです。

 

 

数ヶ月近く、このレッスンを続けていました。

普段の歩き方も注意して歩いています。

 

 

そうすると、ほんの少しですが

騎乗に変化が出てきました。

12さし絵スタジオ2

 

内方脚の扶助がかなりスムーズになってきました。

 

 

 

もともと僕は、歩く時の足跡が逆ハの字なのです。

チャップリンのような歩き方だったのです。

 

 

それを矯正する必要が出てきたのです。乗馬のために。

 

 

 

 

 

週に数回ですが、ウォーキングをしているのですが、

スポンサーリンク

その時も内股ぎみに歩くと、

蹴る力が増すような気がするのです。

 

 

 

なにをかくそう、僕はかなりの扁平足なのです。

僕の足の裏が目に入ると、必ずヨメはげらげらと笑うのです。

「ギャハハハ、土踏まずがない!」と。

 

 

で、何を言いたいのかというと、

扁平足は、歩くと疲れるのです。

ホント、疲れやすいのです。

 

 

でも、内股気味にして歩き続けると、

そんなに疲れないことも発見しました。

 

 

歩くのに、そんなに疲れない。

しかも、騎乗に必要となると、内股歩きは重要です。

一石二鳥と考えて、毎日毎回心がけています。

 

 

極端な内股ではなく、左右の足が平行になるように

足の小指を意識をしつつ、歩くといいみたいです。

あくまでも、僕の場合に限っての話ですが。

 

 

内股を意識しての歩き、なんだか良さそうですよ。

 

 

スポンサーリンク