自分たちの娘(馬12歳)は、

言葉が話せない。

 

でも、話しかけることはいくらでもできる。

話しかけると、じっと聞き耳を立てて聞いていることがある。

 

僕は、6~7年前に1度だけ乗せてもらったことがある。

その時は、話しかける余裕などなかった。

 

今、ヨメは毎回乗せてもらっている。

 

 

 

ヨメと娘(馬12歳)は、

気持ちが通じる。

 

話しかけながら、いつも楽しそうにしている。

走りながら、いつも楽しそうにしている。

 

走ってないときにはいつものように、

ふたりでなにやらスキンシップをとっている。

CIMG1703

 

馬房の窓の外からでも、

あんず、おいで。

と呼びかけると、必ずヨメのところへ近寄ってくる。

 

 

乗馬クラブのスタッフにもしないらしいが、なぜか

ヨメだけには、呼びかけに答えるようだ。

 

なにか、通じているものがあるようだ。

というより、通じているのだ。確かに。

 

 

 

 

馬にかかわると、お金が必要になる。

でも、それは全然苦しいこととは思えなくなる。

 

 

そこには喜びが見えてくるからだと思う。

 

 

 

 

 

自分が苦しいとき、自分の娘(馬12歳)の存在が

とても助けになる。本当に助けになる。

 

会うと元気がでてくるし、

色々なものを与えてくれる気がするのです。

 

気がする、のではなく、与えてくれるのです。

 

 

 

 

 

今までに色々なものを与えてもらっています。

 

 

元気や希望、夢や力、嬉しい心や楽しい感情。

苦しさを乗り越える力やつらいことに耐える心。

 

 

 

お金には換えられないものを

たくさんたくさんいただいています。

 

 

 

これからも、

たくさんお金がかかってくると思うけれど

 

 

よいことや、よいものを選んだ方が

より良い生き方じゃないかと思うのです。

 

 

まだまだ不足しているものがたくさんあるけれど

より良い生き方が出来るように

希望を与えてくれる家族と

これからも一緒に歩んでいきたい。