先日、ヨメと一緒にあんずのお手入れをしました。

それからずっとヨメの機嫌が良いのです。

022

 

ヨメの騎乗はいつも土曜日の朝だったので

中々お手入れをする機会がなかったのです。

 

 

 

お手入れは、通っているクラブでは

その馬の最終レッスン後にすることになっているのです。

その日の最後に馬をピカピカにして馬房に帰すのです。

 

 

 

前回のレッスンから騎乗する時間を

午前中の最後の時間にしたのです。

 

 

 

これがたまたま

あんずの当日最後のレッスンとなったので

レッスン後にお手入れとなったのです。

 

 

 

お手入れをすると、

あんずも「この後レッスンがない」ということを

理解しているのか、とても落ち着いています。

 

 

 

 

あんずも気持ちよさそうに

ブラッシングに身を任せています。

034

 

 

ヨメも

レッスン前に馬房からあんずを連れてきて

レッスンの後はあんずをキレイにお手入れして

馬房へ帰すという基本的な関わりが出来て

本当に嬉しそうにしていました。

スポンサーリンク

006

 

というよりも、

しっかりと馬と関わりができたことを

本当に喜んでいました。

 

 

 

 

馬はたくさんのことを人に教えてくれますが、

それ以上にたくさんの癒しを与えてくれます。

006

 

特に純真な心を持った子どもたちが

このことを知っているように思います。

 

 

馬の温かさや静けさ。

まなざしの穏やかさ。

甘える仕草や喜んでいる表情。

 

 

人間の心を映してくれる鏡のような

そんな存在だと思えることがあるのです。

 

 

そんな馬とふれ合って

一緒に駆け回って

やさしくブラシをかけて

キレイにして

「いつもありがとう」と伝えられること。

 

 

 

馬のまなざしは

人を裏切ることはないと確信しています。

018

 

もちろん

あんずのまなざしは

いつもやさしくて

強い絆を感じているのです。

 

 

スポンサーリンク