JRAジョッキーの武豊さんに初めてダービージョッキーの称号を与えたスペシャルウィークが、4月27日に天国へと旅立ちました。

なんだか寂しい気持ちです。スペシャルウィークサンデー・サイレンスの代表的な産駒です。

種牡馬時代の繋養先だったレックススタッドには、毎年あつかましく押しかけて行って、その度に優しい対応をしてくださった思い出ばかりです。

 

 

スポンサーリンク

どう見ても、優しい顔をしているスペシャルウィーク、お母さんのところでゆっくりしてくださいね。

 

  

最近特に考えるのです。

人も馬も寿命が短いですよね

 

身近で早くに逝った人のことを考えると、人生は本当に短いと感じます。

 

 

 

サンデー・サイレンスの素晴らしい血脈を受け継いだ名馬のスペシャルウィーク。

母のキャンペーンガールは、自分のいのちと引き換えにスペシャルウィークを産み落としたことがよく知られていますよね。

 

しかも、乳母と人の手によって育てられたことでも知られています。

人一倍、母親に甘えたかったに違いないと思うのです。

自分がそうでしたから・・・

 

 

 

馬産地でも、子育てがうまくいかない母馬や、出産後に命を落とす母馬が意外に多いのです。

もちろん、スペシャルウィークもこのような環境で育てられた馬なのです。

 

 

こうやって見ても、馬の寿命が短く感じませんか?

大切な馬には心から長生きをしてほしいと思うのです。

スポンサーリンク

  

 

 

 ウチではあんずに長生きしてほしいと、いつも願っているのです。

もしも、あんずに最期の時が来たら、ヨメは3年位廃人になっていることが予想されます。

 

 

 

ヨメのあんずに対する愛情のかけ方が尋常ではありません。

 

あんずはどう思っているのか分かりませんが、本音を言うと、

あんずもヨメも、性格がしっかりしていて、よほどのことがない限り、心配はありません。

馬に乗っている時も、馬房にいる時も、いつも元気でいます。

 

 

 

そんなあんずにもウイークポイントがあるのです!

 

あんずはお腹とおちちの部分を触られるのを極端に嫌います。

 

ブラッシングの時にあんずのイヤな部位にさしかかると、回し蹴りをしようとします。

「あんず!なに怒ってるの!」と言って、すかさず「バチン!」とダメ出しします。

 

このタイミングが難しいのですが、しっかりと人間の気持ちを伝えなければいけないのです。

 

難しいかけひきですが、これも馬と人とをよりよく繋げるために必要なコミュニケーションなのですね。

 

 「直後に知らせる」というのがポイントなんです。少しでも時間が経つと、効果がないみたいです。

 

「それそれ。今のが違うんだよ!」と伝えないと、なかなか通じないみたいです。

 

間のとり方も大切なんですね。程よいコミュニケーションをいつでもとりたいですよね。

 

 

皆さんも、どうかよい馬とのコミュニケーションができますように!

 

応援しています。

 

 

 

スポンサーリンク