昨日見たスポーツ紙に

ちょっと感動した

とても良い記事がありました。

 

 

今日はそこからご紹介します。

 

 

 

以下は

4月27日の『デイリースポーツ』からの引用です。

 

 

 

武豊に救われた馬が今週新潟で復帰戦へ

好判断でハヤブサプリプリを“救った”武豊1枚拡大

 日曜新潟9Rに出走を予定しているハヤブサプリプリ(牝4歳、美浦・藤原辰)は8カ月ぶりの骨折明け。前回、札幌の競馬を競走除外になった時は右肩ハ行の診断だった。「ユタカ(武豊)が返し馬で異変を感じて、輪乗りの時に周りのジョッキーにも歩様を見てもらったようだ。もしレース中の骨折ならもっと重症だっただろう。今思えば好判断だった」と藤原辰雄調教師はナンバーワンジョッキーのジャッジを称えていた。

 

 

 

以上、引用終わり。

 

 

 

馬の異変を「返し馬」で察知したことも

とても素晴らしいことですが、さらに

その後の輪乗りの時に

他のジョッキーに歩様を見てもらった

ということです。

 

一緒に輪乗りをしている

同じ馬乗りの仲間たちに

自分の乗っている馬の状態を

客観的に見てもらい、

それに協力した馬乗りの仲間たちの助言によって

その馬をレースに出さずに怪我を発見できたことが

本当に素晴らしい連携だったと思うのです。

 

 

 

馬を大切に思っている仲間たちだからこそ出来た

とても良い話だと感動しました。

1072649_578182248905605_1997617006_o

 

 

 

 

ほんの少しだけ

馬に乗っている者として思うには

 

馬の歩様の異常は

なかなか気付けるものではないと

そう思うのです。

 

 

 

 

異常を発見できただけでもファインプレーだと思うのですが

それ以上に、輪乗りの時に同僚のジョッキーたちに

歩様を見てもらうなんて

お互いの信頼関係を表していると思ったのです。

 

 

馬を大切に思っている者たちの連携で

馬を救うことができたということに

とても感動しました。

 

 

 

 

 

競馬の世界で

馬は経済動物と言われることがありますが

ひとつひとつの馬のいのちが大切にされますように

そう願わずにはいられません。

 

 

 

 

馬を大切に思う人が

ひとりでも増えますように。

 

 

そして、

馬と親しむ人が

ひとりでも増えますように

心から願っています。