「怒り」について考えてみた。

 

「怒り」に関して、以前、学んだことがあります。

 

一般的に、「怒り」は傷ついた人が持つ感情とされています。

 

人は、「怒り」を持たないかのように生きるのは無理なことです。

047

 

 

「怒り」との向き合い方にはふたつあるんだそうです。

 

なんで私が!・・・という感情を持っていると、人に対して攻撃的になりやすいのだそうです。

 

 

特に、人の集まりは天国ではないですよね。どうしても未完成なものです。

会社に行っても、遊びに行っても傷ついたりすることってありますよね。

 

会社での傷を、遊びに行って癒す方法があります。時々やっています。

 

遊びでの傷を、会社で癒す方法もあります。

 

 

言い換えると、月曜から金曜までの傷を土日で癒す方法があるということですね。

逆に、

土日の傷を平日に癒すという方法もあります。

032

 

 

傷つくという体験自体は、悪いことなのでしょうか?

 

 

食べたことのない食品の味が分からないように、食べたことのある体験者には、この体験を生かす道があると思うのです。

3d_heart-150x150

人の心の痛みがわかる人になれるということなんです。

 

「怒り」を「強い温かさ」に変えることが出来るのです。

 

「怒り」を「強いやさしさ」に変えることが出来るのです。

 

本物には、なかなかなれないでしょうが、本物を目指すことが大事だ!

 

 

などという講義を受けたことを思い出しました。もう何十年も前の学生時代の話ですが。

 

0-100

 

やっぱり、

誰と一緒に生きるのか。

誰と共にいるのか。

こういうことが大切なことなんだな、と思い出しました。

 

「自分自身」が本物になることが大切ですよね。「人が」ではないですよね。

 

毎日色々な出来事がありますが、いつもは適当に過ごしています。ですが、たまにはしっかりできたらいいなあ。などと考えたりもします。

 

実生活でも趣味でも、本物のレベルを目指すことが大事なんだと思うのです。

0-97

 

本物を生きている人は、苦労している人が多いと思うのです。50年以上も生きていると、たくさんの素晴らしい方々と出会うことができました。

 

そして、この正月に、ゆっくりと色々な人について思い出すことが出来ました。

 

その中でも、傷や怒りが宝物になっている人を思い出しました。

 

byebye_boy

色々考えた結果、やっぱりスマイルが大事ですね。

・・・ホントにどれだけ助けられたことか。

 

今年は笑顔が多い一年にしようと思うのですが、皆様はいかがでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール



僕が50歳になり、ヨメと一緒に乗馬を始めました

愛馬と一緒のセカンドライフを目指しています

病気やケガもありましたが、夫婦2人で楽しんでいます

色々あったことや、考えたことをつづります

お勧めの一冊!

おすすめです

このページの先頭へ