馬っていつ、どうやって眠るの?

サラブレッドのような競走馬は、

横になって眠る場合が多いのだそうです。

904755_514263841964113_1216290134_o

その理由は、外敵に襲われないという

安心感が身についているからなのだそうです。

考えると、かわいいですね。

 

一般には、馬は立って眠る場合が多く、

睡眠時間も人間のように8時間ぐっすり寝込むことはなく、

短い睡眠の連続のようです。

094

馬は、長い世代にわたって、肉食動物のような外敵から

身を守るための習性が身についているのだそうです。

 

 

同じように、馬は外敵から身を守るため、

集団で暮らす習性があったのです。

horses-in-the-netherlands--farm_19-109508

それが、1頭で馬房に入れられてしまうので、

不安になって寂しがる馬もいるのです。

だれかさんに似ているのかも?

 

そうした馬のために、厩舎に犬や猫、鶏やウサギなどの

小動物を入れて一緒に飼うことが、昔からよく行われてきました。

 

食用卵や、飼料に入り込むネズミの駆除などには一石二鳥ですよね。

 

 

馬自身も本来は気の弱い動物ですから、

こうした小動物をいじめたり、殺したりすることも少なく、

結構心理面で、良い結果を得ているようです。

 

馬のための、アニマル・セラピーでしょうか。

 

癒しを与える側にも、まず、癒しが十分に与えられる必要があるのですね。

3d_heart-150x150

今日の内容は、下記の書籍を参考にしました。

 

馬と人とのもどかしい距離を埋めてくれる、一冊の本を紹介します。

早坂昇治 著    緑書房 刊   

 『馬たちの33章–時代を彩ったうまの文化誌–』

Error: Suspended

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール



僕が50歳になり、ヨメと一緒に乗馬を始めました

愛馬と一緒のセカンドライフを目指しています

病気やケガもありましたが、夫婦2人で楽しんでいます

色々あったことや、考えたことをつづります

お勧めの一冊!

おすすめです

このページの先頭へ