3月11日

 

あれから3年が経ちましたね。

 

被災された関係者の方々には

心からお見舞いと、哀悼の意を申し上げます。

 

一日も早い復興と再建を祈念しています。

0-27

東京オリンピックに向けて、

今の東北から人や物が流れませんように。

震災の復興が優先されますように。

 

 

 

 

 

自分としては、この出来事から

たくさんのことを学ぶことが出来たように思うのです。

 

 

 

 

あまり報道されていませんが、

ある乗馬クラブも津波の被害に遭い、

何頭もの馬の命が失われました。

 

 

 

また、東北は歴史的にも馬の文化がまだ

あちこちに現存しており、

大切な伝統や文化も被災したのです。

 

 

 

 

馬産地である北海道の日高地方では、

震災当時、東北からたくさんの馬を

一時受け入れ先として預かっていました。

 

 

馬産地からのネット配信などで

震災直後は、次々と馬を預かったこと

その後、少しずつ地元へ馬が戻っていったこと

等々を拝見していました。

 

 

 

いのちは大切な宝です。

いのちを大切にする動きが今も続いています。

 

 

これからもこれらの働きが

継続してなされますように。

 

 

 

特に、声なきいのちを大切に出来ますように。

 

まず、自分がひとつひとつのいのちを

大切に出来ますように。

 

今日は心から祈念します。合掌。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール



僕が50歳になり、ヨメと一緒に乗馬を始めました

愛馬と一緒のセカンドライフを目指しています

病気やケガもありましたが、夫婦2人で楽しんでいます

色々あったことや、考えたことをつづります

お勧めの一冊!

おすすめです

このページの先頭へ